茂木正光の戦略研と行政書士・司法書士な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/5戦略研「ビッグデータ」セミナーに関連した情報です。「ビッグデータと企業組織」

<<   作成日時 : 2014/03/23 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


4/5戦略研「ビッグデータ」セミナーに関連した情報です。
「ビッグデータと企業組織」って感じです。

セミナー詳細はこちらから。
http://m-motegi.at.webry.info/201403/article_1.html

ZDnet Japan/経営戦略から見たビッグデータの核心
「企業がビッグデータ運営モデルを検討すべき理由」
辻 大志(バーチャレクス・コンサルティング)
http://japan.zdnet.com/cio/sp_bigdata2011/35029036/

 ↓
「円滑に運営され、かつビジネス上の意義を有するためには、ビッグデータの利用や運営について、合理的で効率的なモデルをデザインし、自社の事業に組み入れなければならない」
 ↓
「データ分析の処理が速やかに行われ、分析結果が直ちに手元に届いたとしても、その結果に基づく対応が速やかでなければ、意味がない。」
 ↓
「人事や労務を含むさまざまな工夫を組み入れた運営モデルが必要になる。」


ビックデータを円滑に活用するための企業の運用モデルが必要としています。
既存企業の場合、組織がもとのままではビックデータの円滑活用は簡単ではないのかもしれません。
そもそも企業の組織を変革すること自体、一朝一夕では済みません。

少なくとも、企業トップによる何のためにビッグデータを活用するのか、経営上の判断基準が必要のようです。
また、情報の取得・収集が膨大でも、これを分析し、取捨することは日本の企業は苦手としています。

ちなみに・・・。
沼上幹氏は「組織戦略の考え方」にて、
「決断は単なる意思決定ではない。「何か捨てて、何かを取る」とか、・・・等々。大胆で不連続な側面を持った意思決定である。」
として、取捨の重要さと難しさを説いています。


4/5戦略研「ビッグデータ」セミナーの詳細はこちらから。
http://m-motegi.at.webry.info/201403/article_1.html

テーマ 「ビックデータによる経済・社会現象の解析」
発表者 大西立顕さん
      (東京大学大学院情報理工学系研究科准教授/
       キヤノングローバル戦略研究所主任研究員)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/5戦略研「ビッグデータ」セミナーに関連した情報です。「ビッグデータと企業組織」 茂木正光の戦略研と行政書士・司法書士な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる