給与所得控除の損金不算入


さて・・・。今回の税制改正にてひっそり実施
なんですが、中小企業(オーナー企業)には
大問題の「給与所得控除の損金不算入」。
・・・平成18年4月以降の到来の決算期から。

役員及びその同族関係者等が、発行済み
株式総数の90%以上の株式を所有し、かつ、
常務に従事する役員の過半数を占める場合は、
役員の給与のうち、給与所得控除相当額を
法人税法上の経費に入れない扱いになるとか。

新会社法にて、会社設立がかなり容易になる
ので、税金対策的な企業にうまみを与えない
ということなのでしょうが。
いままでまともに、家族一所懸命やっている
ところも対象になると・・・。

そんなこんなで、新会社法施行すぐの設立など、
税理士さんなどと相談しながら、この税制改正
にも対応している感じです。

けっきょく、第三者、あるいは中小会社同士で
株式の持ち合いという感じでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック