沖縄の「食」について

沖縄の「食」について徒然に・・・

スーパーに行くと、スパム缶とともにシーチキン缶の種類、量とともに豊富です。


画像


スパムもシーチキンも炒めもの(チャンプルー)に使われています。

チャンプルーを作っているところを見ていましたが、

サラダ油もかなり使っています。

沖縄は最近はそうでもないですが、以前は断水がちょくちょくあったようなところなので、

あまり水を料理に使わないのかなぁとか、

また、沖縄本島は亜熱帯に属するので、

衛生的な理由で油で炒めることが多いのかなぁと考えます。

合わせて、暑い地域にて、昔は肉体労働も多かったので、塩気もけっこう摂るようです。

このあたり、沖縄の平均寿命のランキング低下の原因でもあるのかなぁと考えます。


私は「沖縄そば」が大好きにて、

沖縄に行ったときに三食、沖縄そばということもあったのですが、

沖縄の20代の女性に聞いたところ、

「いま、沖縄ではラーメン(つけ麺も)のブームが到来している」

とのことです。

そういえば、那覇市内にて「とんこつラーメン」とかけっこうあったような・・・。

ただし、その20代の女性は、

ランチを会社のまかないで食べているのですが、

私がお話しした日は、「イナムドゥチ」(沖縄の白みそトン汁)だったそうです。

「イナムドゥチ」はお祝いのときとかに食べるそうです。

また、「イナムドゥチ」用の白みそ、かまぼこ、こんにゃくなどもあります。

スーパーにて売っていました。


伝統的な食と、米軍統治下に入ってきた食、

そして、いま内地から入ってくる食、これらが混在しているようです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック