東上野のそば酒房「蕎麦しん」にて、「気仙沼を食す会」の準備会


東上野のそば酒房「蕎麦しん」にて、「気仙沼を食す会」の準備会
を開催しました。

画像


次回は気仙沼の水産加工品と地酒のマッチングがテーマですので、
気仙沼の地酒、角星の
「大吟醸 喜祥」と
「純米酒 船尾灯」をいただきました。

同じ酒蔵ですが、「大吟醸」と「純米酒」ですと
飲み口がかなり異なるのに驚きました。

「大吟醸」はお刺身に、
「純米酒」は「さんまの開き」にとてもマッチし、美味でした。


画像


また、メニューには入っていないのですが、
気仙沼で獲れた「カレイ」の煮つけをいただきました。

こちら裏メニュー的な位置づけらしいですが、
お客様に好評とのことです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック