セミナーご案内! 11/20銀座農業政策塾、蔦谷栄一さんによる「コミュニティ農業のすすめ」

さて・・・。20131120銀座農業政策塾/第3期/プレ講座、蔦谷栄一さんによる「コミュニティ農業のすすめ」のご案内です。

蔦谷栄一さんですが、10/17をもって農林中金総研を退職されました(退職後も客員研究員となるそうですが非常勤になります)。今後、農的社会デザイン研究所の設立を予定されていることもあり、また2014年1月~の「第3期」開講の先駆けとして、今回11/20のプレ講座開催となりました。

ぜひ奮って、ご参加申込みをよろしくお願いします!

なお、第3期はコミュニティ農業の実践を目指して、毎月の開催となります。実地見学も行います。


20131120銀座農業政策塾/第3期/プレ講座のご案内

テーマ 「コミュニティ農業のすすめ 
      ~生産者と消費者、地域と地域をもっと身近に~」

内 容 

日本農業の問題の一つとして、都市住民(消費者)と生産者の距離が遠くなり過ぎてしまっていることが挙げられます。これに対し、農業体験や市民農園、屋上活用農園など、都市住民が農業に触れる機会が増えてきており、都市住民の農業への意識変化の兆しが見えます。
農業体験や市民農園、屋上活用農園などを経て、さらに都市住民と地方の生産現場とのつながりも生まれつつあります。すなわち、都市住民と生産者との顔が見える関係(コミュニティ)が構築されつつあります。
都市は住むだけ、消費するだけのところではなく、コミュニティを形成し、農産物などを生み出すところでもあるべきです。都市住民の1人1人がコミュニティ形成と農産物生産にコミットすることが 将来の日本の国土、住民をサステイナブルなものとすることができます。

ご発表の後、参加者との意見交換も行います。    

発表者 蔦谷栄一さん
      (農林中金総合研究所客員研究員、
       農的社会デザイン研究所代表)

日 時 平成25年11月20日(水)
     (18:45から受付開始)19:00~21:00 

会 場 東京・銀座三丁目 「銀座会議室」

参加費 社会人2,000円/学生1,000円

お申込み 
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
     下記の内容を送信してください。

     11/20銀座農業政策塾に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

     または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
     「勉強会名」を「11/20銀座農業政策塾」としてください。
     (SSL暗号化対応)
     https://form.os7.biz/f/4da7401d/ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック