桐生市黒保根町の「黒保根おいしいお米をつくる会」に行ってきました!

YouTube配信中の「農ラジ!」の取材にて、桐生市黒保根町の「黒保根おいしいお米をつくる会」に行ってきました! 農ラジ!はこちらから→ https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA

画像


5月下旬の田植えのために、現在ハウス(14棟あります)にて、育苗中です(ひとめぼれとこしひかり)。

画像


黒保根はわたらせ渓谷鉄道の水沼駅を中心とする地区です。標高400メートルのあたりに水田があります。高地の寒暖差からおいしいお米をつくっています。水田の面積はかなりあるのですが、とにかく若い担い手が不足していることがネックとなり、「黒保根おいしいお米をつくる会」としての販売量は通信による直販と黒保根にある道の駅「くろほねやまびこ」への出荷で精一杯とか(現在は在庫切れ)。

このへんのお話しを事務局の遠藤初夫さんに伺いました。遠藤さんは、黒保根の出身ですが、10年前までは上場企業の管理職をされていました。早期退職制度にて、地元に戻って竹炭工房を始めました。遠藤さんがセンター長をされている、農事組合法人黒保根水稲栽培協業組合は組合員190名にて、水田は50ヘクタールとなっています。30キロ1万円で出荷されています。

画像


道の駅「くろほねやまびこ」は、この時期、山菜まつりでした! わらび、こごみ、山うど、たらの芽などとにかく豊富。また、このあたりは山椒の栽培も盛んで、山椒の若芽の漬物とか充実していました。遠藤さんの竹炭品販売コーナーもあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック