佐野市小見町にあります「野のファーム」に行ってきました

YouTube配信中の「農ラジ!」の取材にて、佐野市小見町にあります「野のファーム」に行ってきました。佐野といっても、佐野駅のあたりではなく、有名な道の駅「どまんなかたぬま」の近くにあります。
農ラジ!はこちらから→ https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA

画像


地域の障がい者15人を雇用して、有機農業を行っています。もともとはハウスにてシイタケの菌床栽培を行っていましたが(けっこう市場の評判良かったそうです)、諸事情あり現在は50アールほどの畑にて野菜の栽培を行っています。

画像


現在は、かき菜、からし菜、サニーレタス、玉ねぎ、スナックえんどうなどを栽培しています。こちらで栽培した野菜は、「どまんなかたぬま」や近隣の飲食店に卸しています。近々、栽培した野菜を使ったパンを製造販売するベーカリーを出店するとのことです。また、栽培した野菜の宅配事業(農場近隣へ)も行いたいとのことです。

画像


管理者の鷺嶋豊さんにお話しを伺いました。管理者とは障がい者雇用のということです。障がい者それぞれの特性・得意分野に合わせて、作業を配分しています。草取りが得意でえんえんと作業をしてくれる障がい者もいます。また、「どまんなかたぬま」への配達も自転車で行ってくれる障がい者もいます。畑ですが、日照は問題ないのですが、風が強いため(防風してくれていた竹林が伐採されちゃいました)、これからの季節の水撒き(地下水をポンプで上げて、ホースで撒く)が悩みどころとのことです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック