「シンギュラリティビジネス」(幻冬舎新書)の献本をいただきました!

「シンギュラリティビジネス」(幻冬舎新書)の献本をいただきました!

画像
https://www.amazon.co.jp/dp/4344984579/

AI、3Dプリンター、エネルギーの研究会を開催してきた者からすると疑問点もありますが、技術革新のスピード(著書によると「エクスポネンシャル」(指数関数的))が哲学、倫理観、法制度を超えてきているのは間違いないのないところです。とすると、人のありようについてコンセンサスを得る必要が生じていることを認識するためにも読んでおくべき一冊かと。

このあたり、著者の齋藤和紀氏も「シンギュラリティが来るかどうかは問題ではなく、そこに向かってテクノロジーが進化し、世界が変わることをみんなが知るべきだと考えています。」としています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック