10/3、板橋区成増にあります、ダイニングバー「万次良」さんに行ってきました! 気仙沼の水産加工品を使った「特選! 気仙沼プレート」!

10/3、板橋区成増にあります、ダイニングバー「万次良」さんに行ってきました!

P_20191003_190051.jpg

P_20191003_180120.jpg

こちらは東京池袋ロータリークラブの並木さんがオーナーをされています。とてもおしゃれなお店です。成増駅南口から徒歩3分ほどです。気仙沼の水産加工品を使った「特選! 気仙沼プレート」を試作されたということで訪問させていただきました。水産加工品は大弘水産さんの「かじきスモーク」、「かじきスモークオーリーズオイル漬」、「いわしスモークオリーブオイル漬」を使用されています。彩鮮やかに仕立てていただきました。また、気仙沼の地酒もご用意いただきました。角星さんの「水鳥記 雄町特別純米」と男山産の「蒼天伝 純米」です。水鳥記は気仙沼プレートにマリアージュし、蒼天伝はシャンパングラスにピッタリのスッとした飲み口でした!

【セミナーご案内!】11/26水産ビジネス研、折笠俊輔さん(公益財団法人流通経済研究所 主任研究員)による「水産物の市場流通とサプライチェーン」

さて・・・。11/26、水産ビジネス研究会「水産物の市場流通とサプライチェーン ~現状の課題と今後の発展可能性~」のご案内です!
水産物は農産物などとは異なった特性を持っているので、その流通機構はより複雑です。生鮮魚介類は腐りやすいため手早く流通に載せて処理する必要があること、魚は種類が多く大きさや品質もまちまちで一定の規格化が難しいこと、さらに漁獲量の変動が大きいので、時期・場所ともに集中する場合があることなどです(「水産大百科」より)。
今回は、国内外の流通・マーケティングに関する研究・調査・実験・教育を実施している研究機関「流通経済研究所」の主任研究員である、折笠俊輔さんから「水産物の市場流通とサプライチェーン」のご発表をいただきます。
ご発表の後、質疑応答のお時間もございます。ご参加申込みをお待ちしております。

20191126水産ビジネス研究会
テーマ 水産物の市場流通とサプライチェーン ~現状の課題と今後の発展可能性~
発表者 折笠俊輔さん(公益財団法人流通経済研究所 主任研究員)
日時 2019年11月26日(火曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:50終了
会場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」
会費 2000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「11/26水産研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。