2019年10月26日、いたばし総合ボランティアセンターにて、ボランティア団体「「地球の仲間」日本語教室」に対し、当クラブの地域貢献事業「外国人の子どもを対象とする日本語教室への寄贈と日本文化を知っていただくプロジェクト」の寄贈式及び日本文化紹介を行いました。

2019年10月26日、いたばし総合ボランティアセンターにて、ボランティア団体「「地球の仲間」日本語教室」に対し、当クラブの地域貢献事業「外国人の子どもを対象とする日本語教室への寄贈と日本文化を知っていただくプロジェクト」の寄贈式及び日本文化紹介を行いました。

DSCN4162.JPG

2019年9月20日に行いました板橋区立板橋第二中学校における寄贈式及び日本文化紹介に引き続いてとなります。今回はボランティア団体に対してとなります。板橋区内には日本語教室を実施するボランティア団体が10ほどあり、その中で子どもを対象とする団体は5となります。子どもを対象とするには大人を対象とする場合とは異なるノウハウが必要となります。「地球の仲間」日本語教室は子どもを対象とする団体の中でも最も活発に活動されています。

「地球の仲間」日本語教室の子ども(小中学生)を対象とする日本語教室は、レベルやニーズに合わせた個別授業になっています。教師はボランティアです。日本語でコミュニケーションが可能になるまでの指導を行い、およそ3-6ヵ月をかけています。学校で対応しきれない部分をボランティア活動で支援しています。2019年10月現在、23名を受け入れています。

授業見学を行いました。中国人などの小学生4名です。小学校高学年の女子が漢字ドリルを使って書き取りを熱心に行っていたのが印象的です。

DSCN4169.JPG

日本文化紹介は茶道でした。今回も長濱会長の茶道の先生にご協力をいただきました。先ほどの中国人の小学生が体験しました。今回は長濱会長が正客としてお手本を示しました。低学年から高学年まで参加してくれましたが、いずれも正座ができ、さらにお辞儀やお礼のご挨拶もしっかりできていました。茶道の先生が驚くほどでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント