10/30、国際ロータリー第2580地区(東京北部・沖縄)の在京・地区社会奉仕全体会議が開催されました!

10/30、国際ロータリー第2580地区(東京北部・沖縄)の在京・地区社会奉仕全体会議が開催されました!

DSCN4177.JPG

各クラブの社会奉仕委員長など50名が集まりました。テーマは各地域の課題・ニーズを知り、各クラブの社会奉仕活動の活性化です。このために、地区社会奉仕委員にて、東京北部にある社会福祉協議会にヒアリングを行いました。今回のヒアリングで見えてきた地域の課題・ニーズは、地域における「孤立」です。高齢者の一人暮らしだけでなく、子ども、子育てをする親、生活困窮する若者、50代のひきこもりまで拡がっているとのことです。また、市区町村ごと、さらにその中の地域ごとに課題・ニーズが異なることもわかりました。これらの点を、分区ごとに地区社会奉仕委員から報告をするとともに、東京都社会福祉協議会、豊島区民社会福祉協議会の職員からも講演をいただきました。それぞれ、社会福祉協議会の概要と地域共生社会づくりに向けての取組み、CSW(コミュニティソーシャルワーカー)の概要と地域住民・地元企業・社会福祉協議会職員などが連携した現場での具体的な取組みについてでした。

板橋区社協については、高齢者支援の「閉じこもり」(孤立)が課題になっています。「福祉の森サロン」(「閉じこもり」防止)300ヵ所設置しています。見守り機能、介護予防の機能があります。子育て世代の「閉じこもり」も課題です。こちらも「福祉の森サロン」で対応しています。また、「子どもの居場所」(子ども食堂、学習支援など)の活動支援、マップ作製等を行っています。「住民とともに地域づくり」という理念のもと、高齢者・障がい者支援・子ども・貧困などフルサービスを展開しています。なお、多様な課題に対して資金不足・人手不足になっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント