ご案内です! 3/10水産ビジネス研「オンラインのコミュニティとマッチングで漁業の課題を解決する ~「漁師コミュニティ」と「漁業エキスポ」~」

さて・・・。3/10水産ビジネス研は、漁業の課題を解決するスタートアップとして、「漁師コミュニティ」や「漁業エキスポ」を主宰されています、株式会社Saltの山口太朗さんにご発表をいただきます。
「漁師コミュニティ」は漁師を含む全国の漁業関係者2000人が参加しています。ノウハウ、事例の共有と共に、中古漁具のやり取りもあります。「漁業エキスポ」は20団体が出展、200人の参加があり、交流の場となっています。また、漁業とテクノロジーをつなぐコンサルティングもされています。
ご発表の後、質疑応答・意見交換のお時間もございます。
研究会後の懇親会は「くろきん神田本店」で開催します。「くろきん」さんは三重県尾鷲/須賀利・熊野:/二木島で定置網漁をされています。直送の地魚をいただけます。
ご参加申込みをお待ちしています!


20200310水産ビジネス研究会
テーマ:オンラインのコミュニティとマッチングで漁業の課題を解決する ~「漁師コミュニティ」と「漁業エキスポ」~
発表者:山口太朗さん(株式会社Salt 代表取締役) https://salt-corp.co.jp/
日時:2020年3月10日(火曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:40終了
場所:神田「T-space」
会費:2,000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「3/10水産研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

なお、懇親会は別途お支払いいただきます。

3/1日、1330-1500、紀尾井町、城西国際大学の観光経営人材育成講座にて、入管手続きから見た「外国人材の活用手法」というテーマにて講義

202001250019_1-300x0.jpg

城西国際大学の観光経営人材育成講座にて、入管手続きから見た「外国人材の活用手法」というテーマにて担当させていただくことになりました。

3/1日、1330-1500、紀尾井町です。参加費無料ですので、ぜひぜひ!

詳細→http://urx.space/vOIO

12/1、戦略経営研究会/第131回、川島高峰さん(明治大学情報コミュニケーション学部准教授)から「日本・ベトナムの人材交流と技能実習生」をテーマにご発表をいただきました!

12/1、戦略経営研究会/第131回を開催しました!

DSCN4485.JPG

川島高峰さん(明治大学情報コミュニケーション学部准教授)から「日本・ベトナムの人材交流と技能実習生」をテーマにご発表をいただきました。ハノイ外国語大学大学院の客員教授も勤めています。こちらの内容は教員(大学院生)への教育です。

「親日国」であるベトナムにおいて、技能実習生は日本のイメージを低下させてしまうこと、技能実習制度の意義(途上国への技術移転)はあるものの、実際にはその意義が果たされていないこと、技能実習生の送出し機関についてしっかりしているところとそうでないところなど、ベトナムから見た視点という貴重な内容でした。

議事録はこちらから。川島さんに相当手直しいただきましたので、読みやすいです(笑
http://www.sp-senryaku.org/131.pdf

2019/11/26、水産ビジネス研究会を開催しました! 折笠俊輔さん(公益財団法人流通経済研究所 主任研究員)による「水産物の市場流通とサプライチェーン ~魚離れと高齢化による小売りと消費者の動向~」

2019/11/26、水産ビジネス研究会を開催しました!

DSCN4447.JPG

折笠俊輔さん(公益財団法人流通経済研究所 主任研究員)による「水産物の市場流通とサプライチェーン ~魚離れと高齢化による小売りと消費者の動向~」というテーマでした。
魚の売れ筋について、「魚の骨取りのシェアがじわじわ増加中」、「電子レンジでそのまま調理できるパッケージも売れ筋」。「高齢化と世帯人数の減少のため、魚の丸モノが売れません。食べきれないからです。サケも一切れから販売」、「ミールキットなどの料理の簡便化、調理済み食品の利用(冷凍、中食、レトルト等)が進む」、「少量多品種消費に人気が集まる」などのご発表がありました。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/suisan006.pdf