出入国在留管理庁より。5/21以降、「帰国が困難な中長期在留者(留学生・元留学生・元技能実習生)については、「特定活動(6ヵ月)」を許可することとします」とのことです

5/21以降、「帰国が困難な中長期在留者(次の①②③)については、「特定活動(6か月)」を許可することとします」とのことです。
①「留学」の在留資格で在留していた方、または、在留している方(就労を希望される方)
現行「短期滞在(90日)」→「特定活動(週28時間以内のアルバイト可・6か月)」
②「技能実習」及び「特定活動」の在留資格で在留していた方、または、在留している方(就労を希望される方)
現行「特定活動(就労可・3か月)」⇒「特定活動(就労可・6か月)」
③その他の在留資格で在留中の方(上記①及び②の方で就労を希望しない場合を含む。)

なお、東京出入国在留管理局の管轄区域に居住する方からの一部の申請については、本年6/30(必着)までの間、原則として、東京出入国在留管理局宛ての郵送による申請に限って受け付けとのことです。

詳細はこちら。必ずご確認ください。
http://www.moj.go.jp/content/001320105.pdf