7月上旬、神田小川町にある「麺ダイニング ととこ」さんへ。出羽桜さんの「桜花吟醸 本生」、つったいラーメン

7月上旬、神田小川町にある「麺ダイニング ととこ」さんへ。

DSCN6538.JPG

こちらは、山形のお酒とお料理もいただけます。出羽桜さんの「桜花吟醸 本生」をいただきました。ちと甘めが、山形のお料理に合います。

P_20200706_183241.jpg

だだちゃ豆、ニジマスのいくら、真室川の天然鮎の塩焼きをいただきました。とても美味です。

P_20200706_184810.jpg

〆は、つったいラーメンでした。夏場にぴったり、やさしいお味のスープです。

6/6、戦略経営研究会/第134回、大西立顕さん(立教大学大学院人工知能科学研究科 教授)による「AI・データサイエンスから新たな価値ある知見を創出する ~「ビッグデータで推計した全国における集落の人口減少」の研究事例を通して~」を開催しました!

6/6、戦略経営研究会/第134回「AI・データサイエンスから新たな価値ある知見を創出する ~「ビッグデータで推計した全国における集落の人口減少」の研究事例を通して~」を開催しました! ZOOM開催でした!

大西立顕さん(立教大学大学院人工知能科学研究科 教授)から、全国の緯度経度・業種情報付き法人電話帳データを活用した「都市規模に見合った適正な施設数の指標」、「買物困難リスクの推定」、「全国における集落の人口減少」についてご発表をいただきました。

リアルタイムに近い客観データに基づく、生活基盤の持続可能性の議論、市区町村合併の検討などへの政策的な活用を行えるとしました。サイエンスと政策の融合ですね。また、ビッグデータの結果を解釈するには他分野の知識や社会経験が活き、1つの専門分野、旧来の組織・学問体系では修得困難としました。このような人材の育成が必要ですね。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/134.pdf

7月2日、練馬区豊玉上(新桜台駅近く)のイタリアン「イル・トンシオーネ」さんへ!

7月2日、練馬区豊玉上(新桜台駅近く)のイタリアン「イル・トンシオーネ」さんへ! 「イル・トンシオーネ」さんのオーナー・シェフである頓所さんとは気仙沼の支援つながりです。

P_20200702_183813.jpg

P_20200702_191429.jpg

北海道ホタテとアスパラのフリッタータ、イタリア兎肉がトッピングされたラビオリなどと、イタリアワイン(トスカーナが多かった)とのアッヴィナメントを堪能しました。ほかにも、八丈島のキンメダイ、美桜鳥、甲州ワイン牛などこだわりの食材です。また、フリッタータのソースは気仙沼のあおさと柚子胡椒を使っていたり、一手間も二手間もかかっています。

P_20200702_185916 (3).jpg

ワインは、モンテニドーリのロゼ「トスカーナ ロザート カナイウオーロ」、フランツ ハースのマスカット酒「アルト アディジェ モスカート ジャッロ」などの希少品。モンテニドーリは84歳のおばあさんが経営しているお話しなどともにいただくことができました。

「イル・トンシオーネ」さん、ディスタンスとりながら、がんばって営業されています。