8/1、戦略経営研究会/第135回「三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる」を開催しました!

8/1、戦略経営研究会/第135回「三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる」を開催しました!

Zoomでの開催ということでせっかくなので、熊野市の田中りみさん(漁師/ゲイト二木島ラボ)にご発表をいただきました。なぜ、女性の職業に漁師という選択肢にしたいのかといえば、「地元には子どもがおらず、活気がありません。活気を復活させるためには、子どもを増やす必要があり、そのためには、若い女性が地元にいて、職業を持たなくてはなりません。その一つが漁師で良いはずです。その漁師としてのモデルを見せたいと考えて、実行しています」とのことです。

また、五月女圭一さん(株式会社ゲイト 代表)からもご発表をいただきました。漁業・飲食店への新型コロナの影響とともに、「魚を売らなくても回るモデル」についてでした。

ゲイトさん→ https://gateinc.jp/

当日の議事録はこちら→ http://www.sp-senryaku.org/135.pdf