10/23-25、関西にて「下り酒」めぐり! 伊丹市の「老松」さん、堺市の「利休蔵」さん、京都市西京区の「松尾大社」さん

10/23-25、関西にて「下り酒」めぐり!

DSCN5385.JPG

伊丹市の「老松」さん。伊丹は清酒発祥の地とされています。最盛期(江戸中期)には70軒の酒蔵がありました。その後、伊丹の酒蔵は流通に有利な灘へ移転していきました。現在、老松さんと白雪さんが残っています。老松さんは伊丹のトップ酒蔵だったようです。お酒は、軟水を使っていますが辛口でした。

P_20201023_154849.jpg

堺市の「利休蔵」さん。堺も最盛期(明治時代)には95軒の酒蔵がありました。その後、衰退していくのですが、昭和40年代に地下水が枯れて、酒蔵はなくなってしまいました。2016年、利休蔵さんが40年ぶりに堺市の酒蔵を復活させました。駅近くの街中にあります。酒蔵の前をうろうろしていたところ、年配の方にお声をかけられたのですが、この方が社長さん(西條さん)でした。そのまま、応接室まで上がらせていただき、堺の酒造の歴史と利休蔵立上げの経緯についてお話しを伺うことができました。こちらのお酒は甘口でした。

DSCN5422.JPG

京都市西京区の「松尾大社」さん。こちらはお酒の神様ですね。日本酒に一応かかわっていますので、日々の感謝のためにお詣りしてきました。松尾大社を創建した秦氏が酒造にも得意だったというのが縁起のようです。こちらの霊泉「亀の井」の水を仕込みの時に加える酒蔵もあるようです。

DSCN5419.JPG

ちなみに、松尾大社さんの大鳥居近くにあるカフェ「ブルーオニオン」さんの「カツサンド」が絶品でした。厚切りのカツが揚げたてではさまれています。



※備忘
大阪/南森町(大阪天満宮)界隈もかつては酒蔵が150軒ほどあった模様。南森町交差点の南西、堀川沿い(現大阪環状線)。現在、跡形もなく。天神橋筋商店街が地域活性のテーマにしたこともありますが、酒蔵の情報はほとんどないです。

10/23-24、関西たこ焼きめぐりをしてきました! マルミ、たこ壱、はなだこ、やまちゃん2号店

10/23-24、関西たこ焼きめぐりをしてきました!

DSCN5379.JPG

伊丹市行基町の「マルミ」さん。コナモンという感じです(笑 小さめです。とろとろあつあつです。ソースは甘いです。

DSCN7630-1 (2).JPG

堺市堺区新町の「たこ壱」さん。ふわふわで出汁がきいています。明石焼きっぽく玉子味です。ソースはからめです。

P_20201023_190236.jpg

大阪市北区角田町/新梅田食道街の「はなだこ」さん。ふわとろで出汁がきいています。ソースは甘めです。たこの存在感があります(笑

DSCN5394.JPG

大阪市阿倍野区松崎町の「やまちゃん2号店」さん。ふわもちあつあつです。小さめです。ソースは甘めです。

いずれもとても美味でした!

10/15、オンラインにて、気仙沼の水産関連の若手経営者/三陸未来さんを対象に気仙沼仕事創出プロジェクト「気仙沼フードマイスター講座」(本年度第2回)を開催しました!

10/15、オンラインにて、気仙沼の水産関連の若手経営者/三陸未来さんを対象に気仙沼仕事創出プロジェクト「気仙沼フードマイスター講座」(本年度第2回)を開催しました!

gazo.jpg

若手経営者のマーケティング力の向上とともに、水産加工品の試食とモニタリングによる改善を目的とします。城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科の観光戦略ゼミ(黒澤武邦准教授)の院生(中国人7名含む)にモニターとなっていただきました。出身地は広東省、山西省、上海市、新疆ウイグル自治区、湖北省、海南省です。三陸未来/藤田商店さんの「塩ウニ」と「塩蔵ワカメ」を事前にご自宅に送付し、試食をしていただきました。また、「塩ウニ」を使ったパスタを作ってくださった院生もしました。

観光戦略ゼミの院生から藤田商店さん宛てに、美味しさ・価格・パッケージ・ターゲットとシチュエーション・改善点についてモニタリングのレポートをいただきました。塩ウニについては評価が分かれました。中国の沿岸部出身者は「美味しい。ウニの最初の一味に苦みがあるかと思ったら、なかった」や「塩ウニの高級感を味わうことができる」といった感想でしたが、内陸部出身者にとっては、食べたことがない/馴染みがない食材なので「味について比較ができない」、「苦手」という感想でした。また、20代からすると、塩ウニは塩辛過ぎるように感じたようです。このため、塩分控えめのバージョンの開発という提案がありました。パッケージについて、「良い味を持っているのでもっと目を引く外観のほうが」というコメントがありました。

まとめとして、黒澤准教授より塩ウニへのコメントをいただきした。「味について。塩加減のバリエーションが欲しいです。塩控えめ・生感アップの都会向けの新商品とし、塩がきいた伝統的な味は地元向けに「昔ながらの塩ウニ」として販売してはいかがでしょうか?」、「パッケージについて。高級品なのに高級感がないです。地元向けならばOKですが。たとえば、サーモン・キャビア(イクラ)のパッケージであれば、高級ギフトにもなります」といった内容でした。

【ご案内!】小林庸平さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経済政策部 主任研究員)さんによる12/5戦略経営研究会「新型コロナウイルス感染症によって拡大する教育格差」

Zoom開催です! 12/5、戦略経営研究会「新型コロナウイルス感染症によって拡大する教育格差」のご案内です!

今回は、小林庸平さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経済政策部 主任研究員)からのご発表となります。

戦略研で何度かご発表をいただいている小林さんが新型コロナと教育格差について調査を行い、レポートをまとめました。
https://www.murc.jp/report/rc/policy_rearch/politics/seiken_200821/

新型コロナの雇用・所得への影響と、教育機会の縮小、そして、将来の負のスパイラルの可能性といった内容となります。

ご発表の後、質疑応答・意見交換も行います。
ご参加申込みをお待ちしております!

20201205戦略経営研究会/第137回
新型コロナウイルス感染症によって拡大する教育格差
発表者:小林庸平さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経済政策部 主任研究員)
日時:2020年12月5日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:30終了
会場:Zoom
会費:1000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「12/5戦略研」としてください(SSL暗号化対応)。
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

※ Zoom懇親会です。30分ほどです。

10/3、Zoomにて、戦略経営研究会第136回を開催しました! 伊藤藍子さん(株式会社NTTデータ経営研究所デザインストラテジーグループ シニアコンサルタント)から「デザインストラテジーによる人間中心のイノベーション」のご発表

10/3、Zoomにて、戦略経営研究会第136回を開催しました! 

2020100301.jpg

伊藤藍子さん(株式会社NTTデータ経営研究所デザインストラテジーグループ シニアコンサルタント)から「デザインストラテジーによる人間中心のイノベーション」のご発表をいただきました。
人間中心デザインは、技術を人間の生活や大事にしている価値観に合わせたものとしてデザインするための方法論です。人間中心デザインのビジネス分野での活用戦略を整理すると、①新しい商品価値の発見、②サービスの利用率・継続率の向上、③セルフサービスの行動デザイン、④行動変容、⑤新しい技術の社会受容の促進があります。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/136.pdf