毎年恒例! 気仙沼市唐桑町のカキを堪能! カキとほうれん草のクリームパスタ、カキご飯、カキの玉子あんかけうどん

毎年恒例! 気仙沼市唐桑町のカキを堪能!

DSCN8595-1 (2).JPG

DSCN8606-1 (2).JPG

DSCN8616-1 (2).JPG

カキとほうれん草のクリームパスタ、カキご飯、カキの玉子あんかけうどんをいただきました。とても美味でした。他には、土手鍋、カキフライなど。カキは唐桑町の鈴木さんのところからお取り寄せです。鮮度良くプリプリ濃厚なカキを堪能しました!

ちなみに、本年も気仙沼仕事創出プロジェクトの事業を継続できました(東京板橋セントラルロータリークラブにてサポート)。具体的には、①水産加工品の定期購買「買おう! Made in 気仙沼」(52口のお申込みをいただき、4社にご協力いただいています)、②水産関係の若手経営者を対象とするマーケティング講座「気仙沼フードマイスター講座」(オンラインにて2回。城西国際大学大学院アドミニストレーション研究科の黒澤武邦准教授とゼミ生にご協力いただいています)、③東京圏の経営者・士業を対象とする「気仙沼を食す会」(リアルにて2回、オンラインにて2回)です。

12/24、東京板橋セントラルロータリークラブは板橋フレンドセンターへ電子ピアノのクリスマスプレゼントを行いました

12/24、当方の所属します東京板橋セントラルロータリークラブは板橋フレンドセンターへ電子ピアノのクリスマスプレゼントを行いました。

IMG_20201224_115025.jpg

ピアノ①.jpg

「鬼滅の刃」のテーマソングを弾きたいという通級者、電子ピアノの到着が待ち遠しくすぐに弾きたいという通級者もいるそうです。

板橋フレンドセンターは板橋区教育委員会が運営する小学4年~中学3年の不登校児童生徒の通所リハビリ施設です。現在、100名が登録しています(板橋区内には小学4年~中学3年の不登校児童生徒がおよそ560名います)。こちらでは、自分でやりたいことを自分で決めて体験活動を行います。音楽もその一つです。板橋フレンドセンターの通級者の半分が学校に戻れました。成果を上げています。

先日、見学をさせていただきました。通級者が電子オルガンを演奏しているのを聴きましたが、かなり古くなっており、演奏もしづらくなっていました。そこで、今回のクリスマスプレゼントとなりました。新型コロナ禍でもあり、通級者にもそれを支える教員にも明るい話題になればと考えています。また、地域社会が不登校児童生徒に関心を持ち、支援していることを伝えることができればと。

なお、2月上旬、プロのピアニストとバイオリニストによる演奏会(ふれあいコンサート)があります。こちらに東京板橋セントラルロータリークラブの会員は参加させていただけることになっています。とても楽しみです。

先日、神田の居酒屋「くろきん」に行ってきました! ブリ、サバ、シイラの炙り刺し、小魚のぱくぱく揚げ、サンジルシ(ニザダイ)の漬け

先日、神田の居酒屋「くろきん」に行ってきました!

P_20201222_183308.jpg

こちらは、三重県の須賀利・甫母にて定置網漁をされており、そこで獲れたお魚をいただくことができます。お魚は二木島にて加工し、お店まで直送です。

P_20201222_184103.jpg

P_20201222_182938.jpg

P_20201222_184248.jpg

ブリ、サバ、シイラの炙り刺し、小魚のぱくぱく揚げ、サンジルシ(ニザダイ)の漬けをいただきました。いずれも美味でした。ここでしかいただけないお料理ですね。

お酒は三重県の地酒「義左衛門」。うま辛で、お料理にピッタリでした。

ちなみに、甫母の定置網漁、二木島の加工場を見学させていただいたことがあります。なので、漁をする人、加工をする人と顔を合わせて、お話ししたことがあるということに(笑

東京板橋セントラルロータリークラブは「食」からつながる応援プロジェクトの第2回食品配布会に熊本産の新米を協賛しました

私が所属します東京板橋セントラルロータリークラブは「食」からつながる応援プロジェクトの第2回食品配布会に熊本産の新米を協賛しました。

先日、「食」からつながる応援プロジェクトの第2回食品配布会を訪問してきました。食品配布会は、新型コロナウイルス感染症の影響により子ども食堂が開催できなくなっているところ、子ども食堂を必要とするような子育て家庭へ食品配布を行い、サポートのためにつながることを目的とします。

syokuzai01.jpg

近隣の子育て家庭を対象に、当クラブ提供の熊本産の新米(森のくまさん)を含めた食品の配布を行いました。小学生・未就学の子ども連れが多かったようです。スタッフは子ども食堂の主催者や、民生委員、社会福祉協議会のスタッフ、区役所の子どもの貧困対策担当などがボラティアで行っていました。子育て家庭とつながるということで、子ども食堂の主催者が今後の開催を個別にアナウンスしたり、民生委員が子育て家庭へのサポートについて説明していました。身近に子育て家庭に関心を持ち、支援する人々がいることを知っていただく機会になっていました。

syokuzai02.jpg

当クラブ提供の熊本産の新米について、ロータリークラブからの提供ですと伝えて、渡していただけました。たいへん喜んでいただけたようです。アルファ化米(フードバンクいたばし)、レトルトカレー(オリエンタル酵母工業)、かりんとう(中野製菓)、乾麺、ジュースなども配布されていました。また、グッズ(第一生命のノベルティ)、靴下などの配布もありました。

区内の企業にこの事業の周知が行われ、配布するための食品が継続的に集まる仕組みができるようにサポートをしたいです。

11/11、Zoomにて、農業ビジネス研究会「オンラインきき酒会/第4回 ~「東京で地下天然水を使用し仕込む石川酒造 ~多満自慢の飲み比べ~」を開催しました!

11/11、Zoomにて、農業ビジネス研究会「オンラインきき酒会/第4回 ~「東京で地下天然水を使用し仕込む石川酒造 ~多満自慢の飲み比べ~」を開催しました!

DSCN8066-3.JPG

ゲストは石川彌八郎さん(石川酒造株式会社 代表取締役)。
https://www.tamajiman.co.jp/

石川酒造さんのお酒をいただきながら、石川さんからお話しを伺いました。元々、石川家は福生市の庄屋。お酒の製造は江戸時代末期に始めました。その時は、川向いであるあきる野市の森田酒造の蔵を借りていました。その頃の銘柄は「八重桜」でした。明治13年、現在の福生市熊川に本蔵を着工しました。「くまがわ」とは曲がる川という意味です。明治15年、石川家が指導し造った堤防ができたことで、お米がたくさんとれるようになりました。このことによりお米の調達が安定的になり、酒造を本格化させることができました。また、多満自慢の仕込み水は地下150メートルからくみ出しています。中硬水です。硬水だと辛口になるとされていますが、多満自慢は甘口です。甘口ですが酸味もありますので、後味はさっぱりしています。
石川酒造さんからのお酒は「あらばしり生酒」と「八重桜」(復刻版)。また、オリジナルおつまみは「いかソーメン」。お酒といかソーメン。止まらなくなります(笑

お酒とおつまみの通販サイトのページ
https://tamajiman.com/index.html

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/nogyojyoho049.pdf

ご案内です! 2/6戦略経営研究会「病児保育ネット予約サービス「あずかるこちゃん」 ~子育てICTベンチャーのビジネスモデル~」

2/6、戦略経営研究会「病児保育ネット予約サービス「あずかるこちゃん」 ~子育てICTベンチャーのビジネスモデル~」のご案内です!

今回は、園田正樹さん(CI Inc. 代表取締役、産婦人科医)からのご発表となります。

働くお母さんが困ること第1位は「子どもの急病時の仕事調整」です。病児保育ネット予約サービス「あずかるこちゃん」は保護者と病児保育施設をつなぎ、いつでも簡単にLINEから予約できます。また、2020年10月から、東京都、大阪府、福岡県の病児保育施設を営業時間、対象年齢、対象地域、事前登録の有無などから簡単に検索できるようになりました。

園田さんから「あずかるこちゃん」のビジネスモデルとともに、新型コロナウイルス感染症の影響などについてご発表をいただきます。ご発表の後、質疑応答・意見交換も行います。
ご参加申込みをお待ちしております!

20210206戦略経営研究会/第138回
病児保育ネット予約サービス「あずかるこちゃん」 ~子育てICTベンチャーのビジネスモデル~
発表者:園田正樹さん(CI Inc. 代表取締役、産婦人科医)
日時:2021年2月6日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:30終了
会場:Zoom
/開催の数日前、ご参加申込者にZoomのご招待URLを送信します。
会費:1000円
/ご参加申込者にお振込先をお知らせします。
参加申込:
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「2/6戦略研」としてください(SSL暗号化対応)。
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

※ Zoom懇親会です。30分ほどです。

11/7、福生市熊川にあります「石川酒蔵」さんに行ってきました! 「福生のビール蔵」にて「多摩の恵」と「TOKYO BLUES」

11/7、福生市熊川にあります「石川酒蔵」さんに行ってきました!

DSCN5470.JPG

今夏、石川酒造さんが実施されたクラウドファンディングに応募し、お食事券をいただきましたので、「福生のビール蔵」にてランチしました。石川酒造さんの敷地内はテーマパークになっており、「福生のビール蔵」などを直営されています。あっといまに満席になりました。石川酒造さんは日本酒(「多満自慢」)のほかに、クラフトビールも製造されています。銘柄は「多摩の恵」と「TOKYO BLUES」です。

DSCN5456.JPG

ペールエール(苦み)、ピルスナー(さわやか)、セッションエール(かなりの苦み)、ホワイトエール(香り高い)、ゴールデンエール(やわらかな苦み)、デュンケル(甘みがある)、シンプルホップウィート(麦の香り)をいただきました。コンプリートです(笑

DSCN5454.JPG

おつまみに、福生産のソーセージをいただきました。ジューシー、やわらかなお味です。絶品でした! このほか、いわいどりの香草パン粉揚げとカボナータ、アラビアータ・ピザ、チキンカチャトーラなどいずれもとても美味でした。