気仙沼のわかめ漁師さんらによる「恩送り」クラウドファンディングです!(20210315まで)

気仙沼のわかめ漁師さんらによる「恩送り」クラウドファンディングです!

b82c5a44-4fbc-4ea2-ab6c-3b26a5299b1d.jpg

東日本大震災にて被災し、たくさんの方々の支援により再起した漁師さん・水産加工会社さんらで、新型コロナで困っている子どもたちへわかめなど気仙沼の食材による支援を行います。

クラウドファンディングにて応援すると、子どもたちにはわかめなど気仙沼の食材による支援が行われ、応援者にはわかめなど気仙沼の食材などが届きます。
気仙沼の美味しいものを食べながら、応援ができます!

サイト→ https://camp-fire.jp/projects/view/388745
(20210315まで)

23周年記念のご案内! 4/3、戦略経営研究会「仙台市荒浜地区での新規就農 ~農業を通した地域コミュニティのデザイン~」

23周年記念です!

さて・・・。 4/3、戦略経営研究会「仙台市荒浜地区での新規就農 ~農業を通した地域コミュニティのデザイン~」のご案内です!

DSCN3468.JPG

平松希望さんは新規就農5年目です。富山県出身です。東北大学の農学部で農業経済を専攻した大学時代、仙台市若林区荒浜地区に拠点を置く大学生ボランティア団体「ReRoots」のメンバーとなり、東日本大震災の津波被災地の復旧、復興、地域おこしを行いました。このつながりで、荒浜地区に隣接する荒井地区の農家で研修し、就農しました。
平松さんは荒井・荒浜地区で少量多品種の営農をしています。圃場は分散しています。すべて露地です。1月中旬ですと、キャベツ、ブロッコリー、ニンジン、カラフルニンジン、大根、小松菜、アスパラ菜、カリフワラー、ちぢみゆきな、ヤーコン・ちぢみゆきななどです。近隣の八百屋や直売所、飲食店に卸しています。最近、家庭向けの宅配も始めました。

Zoom開催です。平松さんから農業を通した地域コミュニティのデザインについてご発表の後、質疑応答・意見交換も行います。
ご参加申込みをお待ちしております!

20210403戦略経営研究会/第139回/23周年記念!
仙台市荒浜地区での新規就農 ~農業を通した地域コミュニティのデザイン~
発表者:平松希望さん(平松農園 代表)
日時:2021年4月3日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:30終了
会場:Zoom
会費:1000円
参加申込:
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「4/3戦略研」としてください(SSL暗号化対応)。
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

※ Zoom懇親会です。30分ほどです。

1/27、Zoomにて、「気仙沼を食す会」第54回を開催しました。東京圏の経営者にご参加いただきました。気仙沼の水産加工会社の若手後継者を対象に開催しました「気仙沼フードマイスター講座」の報告会も兼ねました

1/27、Zoomにて、「気仙沼を食す会」第54回を開催しました。東京圏の経営者にご参加いただきました。気仙沼の水産加工会社の若手後継者を対象に開催しました「気仙沼フードマイスター講座」の報告会も兼ねました。報告者として大弘水産の小野寺大輔さん、また、城西国際大学大学院の国際アドミニストレーション研究科の黒澤武邦准教授と中国人ゼミ生にもご参加いただきました。

DSCN8925-1.JPG

DSCN8857-1.JPG

大弘水産の「かじきスモースライスク」「ぶりスモークスライス」「薫香炙りさばスライス」「かじきスモークオリーブオイル漬け」とともに、気仙沼市の地酒、男山本店「蒼天伝 特別本醸造」、角星「別格純米」と、富谷市の地酒、鳳陽「純米酒」をいただきました(お酒の手配は気仙沼の酒販店「丸桂」さんにご協力をいただきました)。

気仙沼の美味しいものをいただきながら、大弘水産の小野寺大輔さんからのご報告をいただきました。「家庭向けが伸びています。スーパーなどに卸す用として、パッケージを刷新しました。シリーズ的な感じにしています」「スモークには時間をかけています。味を浸透させるためです。良い状態のものを出荷しています」など。

ちなみに・・・。「かじきスモークスライス」、「かじきスモークオリーブオイル漬け」など「洋風」な仕上げ・テイストの水産加工品は、日本人・中国人ともに好評でした。わかりやすい見映え、好みの分かれにくい味付けといえるようです。コメントとしては、「とても美味しかったです。かじきスモークが一番好きです。魚のスモークって美味しいですね!」「かじきスモークオリーブオイル漬けは薄切りのトーストに乗せて食べましたが美味しかったです」など。

2/27土、2/28日、板橋区の子ども・子育て家庭、若者を対象とする「食」からつながる応援プロジェクトの第3回食品配布会が開催されます!

板橋区の子ども・子育て家庭、若者を対象とする「食」からつながる応援プロジェクトの第3回食品配布会が開催されます!

20210227-28.jpg

開催日時・場所は、2/27土、10:00-12:00、高島平区民館、2/28日、14:00-16:00です。
当方の所属します東京板橋セントラルロータリークラブからは熊本産のお米「森のくまさん」200キロを協賛します(2キロ×100袋)。
第2回食品配布会にはシングルマザーや所得が急減された方もいらしていました。今回は児童養護施設の卒園者も対象になるようです。
また、食品配布を行うだけでなく、区内の子ども食堂運営者や民生委員とのつながりをつくることも目的としています。

詳細はこちらのサイトから。
https://itabashi-kodomonoibasho.net/news/478

お申込みは下記からとなります。
kodomo@itabashishakyo.jp
03-3964-0236

1/13、山木幸介さん(三つ豆ファーム代表)による農業ビジネス研究会「イキイキと力強く育った野菜をいただきながら、オンラインにて無農薬・有機肥料栽培の農家さんのこだわりを聴く」を開催しました!

1/13、山木幸介さん(三つ豆ファーム代表)による農業ビジネス研究会「イキイキと力強く育った野菜をいただきながら、オンラインにて無農薬・有機肥料栽培の農家さんのこだわりを聴く」を開催しました!

DSCN8748-3.JPG

山木さんの当日のお野菜は人参、サトイモ、小松菜、ホウレンソウ、コカブ。

DSCN8766-2.JPG

我が家では、小松菜とエビのあんかけ炒めなどにしていただきました。

山木さんからは、ぼかし肥料の説明含めて持続可能な農業についてのお話しをいただきました。それにしても、生産、収穫、宅配出荷、債権管理、情報発信、販路開拓などができる農家さんはスーパーマンですね(笑

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/nogyojyoho050.pdf