東京板橋セントラルロータリークラブは「食」からつながる応援プロジェクトの第3回食品配布会へ協賛を行いました!

当方が所属します東京板橋セントラルロータリークラブは「食」からつながる応援プロジェクトの第3回食品配布会へ協賛を行いました!

2月27日(土)、高島平区民館ホール、2月28日(日)、常盤台地域センターレクホールにて、「食」からつながる応援プロジェクトの第3回食品配布会が開催されました(事務局は板橋区社会福祉協議会)。食品配布会は、新型コロナウイルス感染症の影響により子ども食堂が開催できなくなっているところ、子ども食堂を必要とするような子育て家庭へ食品配布を行い、サポートのためにつながることを目的とします。

20210227-2804.jpg

20210227-2801 (2).jpg

コロナ禍ではありますが、明るい雰囲気の中、近隣の子育て家庭など100組に、当クラブ提供の熊本県産のお米「森のくまさん」、200キログラムを含めた食品の配布を行いました。食品としては、アルファ化米(フードバンクいたばし)、瓶詰、缶詰、乾麺、レトルト(株式会社安田屋)、インスタントラーメン(株式会社日向葵)、カップ麺(板橋区更生保護女性会)、カレールー(東京都青果物商業協同組合板橋支所)、お茶(NPO法人 みんなの広場ひびき)、栄養ドリンク(NPO法人imitataにこにこ食堂)、あんパン(NPO法人森の小人)、お菓子(NPO法人いたばし子育て支援・フラワー)、乾麺、缶詰(前野町子ども食堂わくわくランド)などの配布もありました。

20210227-2802.jpg

子ども用のグッズコーナーでは、第一生命保険株式会社の板橋中央営業オフィス、ときわ台営業オフィス、池袋北営業オフィスから提供されたディズニーカレンダー、タオル、マスク、小物類が配布されました。

今回も小学生・未就学の子ども連れが多かったようです。スタッフは子ども食堂の主催者や、民生・児童委員、社会福祉協議会のスタッフ、区役所の子どもの貧困対策担当などがボラティアで行っていました。子育て家庭とつながるということで、子ども食堂の主催者が今後の開催を個別にアナウンスしたり、民生委員が子育て家庭へのサポートについて説明しました。

当クラブ提供の熊本県産のお米、たいへん喜んでいただけました。「食」からつながる応援プロジェクト事務局(板橋区社会福祉協議会)より、「東京板橋セントラルロータリークラブの皆様からは、あたかい気持ちをお寄せいただき、感謝しています」とのお礼の言葉をいただいています。

今後も、区内の企業にこの事業の周知が行われ(食品系の企業以外にも)、配布するための食品が継続的に集まる仕組みができるようにサポートをしたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント