3/13、オンラインにて、國光あやのさん(衆議院議員、医師)による医療政策研究会「新型コロナの出口戦略 ~ワクチンの効果と安全性、治療薬の開発、医療のキャパ向上~」を開催しました!

3/13、オンラインにて、國光あやのさん(衆議院議員、医師)による医療政策研究会「新型コロナの出口戦略 ~ワクチンの効果と安全性、治療薬の開発、医療のキャパ向上~」を開催しました!

kunimitsu01.jpg

kunimitsu02.jpg

国光さんが国会の予算委員会で使用されたフリップ資料をもとにご発表をいただきました(ご本人の承諾を得て画像を掲載しています)。新型コロナの出口戦略として、ワクチンと医療のキャパ向上が挙げられました。上記資料により、①重症化率の年代比較、②重症化のリスクとなる基礎疾患、③致死率の全年齢平均について、他の疾患との比較の説明がありました。また、④ワクチンにより発症リスクが1/20に減少すること(有効性)、⑤ワクチンの有効性(ベネフィット)と副反応等(リスク)の比較衡量が必要であること、⑥重度アレルギー反応は20万人に1人であること、また、他の抗生剤やワクチンとの比較についても説明がありました。

数字、エビデンスをもとに、ビジュアル的にわかりやすく、パブリックリレーションズ、リスクコミュニケーションをすることは大切ですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント