「Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?」(原田曜平著)を読みました

「Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?」(原田曜平著)を読みました。

Z世代は1996年以降に生まれた世代(脱ゆとり世代)です。その前の世代であるY世代(ゆとり世代)がデジタルネイティブ(幼い頃からケータイがあった)とすると、Z世代はソーシャルネイティブ(幼い頃からSNSがあった)とされます。Instagramなどの情報発信力があり、飲食や小売りの業界が注目しています。また、アクティブシニアが後期高齢者となり購買力が低下する(スポンサーがとれなくなる)ことから、テレビ業界もZ世代向けの番組編成に切り替えを進めています。老舗番組の終了や年配の有名テレビ・タレントの降板はこのあたり原因の一つです。

Y世代は就職氷河期の渦中にありましたが、Z世代はポスト就職氷河期の人材不足の状況にいます。生きた時代背景が大きく異なります。Z世代がY世代と比べると、進学、バイト、就活、転職など不安や競争の少ない安心・安定した生活を送っています。ただし、新型コロナがZ世代にこれからどのように影響するか注視とのことです。

このようなZ世代のキーワードとしては「chil」(まったり)です。マイペースに居心地良く過ごすことを選好します。また、(若者はどの時代もそうですが)「自己承認欲求」です。Instagramで映えるために利用されているのがその具体例となります(特に大学生の女子)。また、テレビをあまり観ず、SNSにより自分の好みの記事を選択表示される世代なので、「自分の見たい情報」だけを見て生活するようになっています。

Z世代はファッション×意識高い系であるので、ファッショブルなテーマ(たとえば、SDGs)を提示できれば、社会的意義のある施策を実行できるかもしれないとします。


なお、じゅらんリサーチセンター「“Z世代”の価値観とは? 若年層獲得戦略のいま」によると・・・。
https://jrc.jalan.net/wp-content/uploads/2021/09/research098.pdf

「情報接触手段」として、Y世代がテレビ(79.2%)、SNS(55.8%)だったのに対し、Z世代はSNS(69.8%)、テレビ(40.8%)。

「メール」は、Y世代は64.7%、Z世代は42.6%。

「利用しているSNS」として、Y世代は1位:LINE(72.4%)、2位:Twitter(58.3%)、3位:Facebook(39.5%)だったのに対して、Z世代は1位:YouTube(87.0%)、2位:LINE(86.9%)、3位:Twitter(73.0%)、4位:Instagram(65.7%)。Facebookの利用はわずか6.3%へと減少。

・・・とか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント