年越しそばは気仙沼の牡蠣のトッピングでした

本年もたいへんお世話になりました。コロコロ言っているうちに、2年が経ってしまいましたw

DSCN4042-2.JPG

年越しそばは気仙沼の牡蠣のトッピングでした。スープに牡蠣の出汁と香りがきいていました。素晴らしい風味でした。
牡蠣は唐桑町東舞根の住喜水産さんからお取り寄せしました。

それでは。良いお年をお迎えいただければと存じます。

12/25-26、城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科の准教授と院生の気仙沼訪問をアテンドしました!

12/25-26、城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科の准教授と院生の気仙沼訪問をアテンドしました!

DSCN6440.JPG

この訪問の目的は「気仙沼の食と観光×SDGs」動画の作成です。そのための情報と素材の収集を行いました。院生は6名。そのうち、5名は中国人でした。大寒波ということで、気仙沼には珍しく雪が積もりましたが、テンションをとても上げていました。

DSCN6391.JPG

1日目は、気仙沼観光推進機構の「牡蠣クルーズ」を利用し、気仙沼大島の「マルエ水産」さんにて牡蠣養殖の見学とレクチャーでした。現在、剥き牡蠣の出荷のピークです。また、春の殻付き牡蠣出荷のための選別をされています。漁船に乗せていただき、養殖中の牡蠣を見ることができました。

DSCN6407.JPG

作業場にて、牡蠣養殖における山からの栄養分の大切さ、雪解け水が春の牡蠣の美味しさにつながることなどのお話しをいただきました。また、牡蠣のアヒージョや味噌漬けの試食もすることができました。

DSCN6418.JPG

宿泊先の気仙沼プラザホテルでは、もうかの星(もうがさめの心臓)をいただくことができました。生魚が苦手な院生も「美味しい。これは食べられる」とパクパクいっていました。

DSCN6425.JPG

2日目は、気仙沼観光コンベンション協会の「気仙沼魚市場ガイド」を利用しました。気嵐ツアーも組み込んでいましたが、残念ながら不発。未明から、雪積もる中、海岸通り岸壁の大型船を眺めながら気仙沼魚市場まで歩きました。魚市場では、見学デッキから、正月の風物詩「なめたがれい」の入札をまずは見学しました。

DSCN6430.JPG

その後、密閉型の新施設に移動し、めかじき、まぐろ、さめの競りを見学しました。正月前をということで、たくさんのめかじき、まぐろ、さめが揚がっていました。院生たちは「ああ、これが昨晩食べたやつか」と、もうかざめの姿を見ることができました。

院生たちは、楽しみながら、動画作成のための情報と素材の収集をすることができました。これから作成される動画がとても楽しみです。

マルエ水産の小松さん、気仙沼観光推進機構の小松さん、気仙沼観光コンベンション協会の熊谷さん、そして、気仙沼プラザホテルの田村さん、たいへんお世話になりました。ほんとうにありがとうございました!

東京板橋セントラルロータリークラブ社会奉仕事業「コロナ禍における高校生のキャリア教育のための講師派遣」

東京板橋セントラルロータリークラブ社会奉仕事業「コロナ禍における高校生のキャリア教育のための講師派遣」

20211117.png

11/17午後、東京都立新島高等学校の1年生、9名を対象にキャリア教育のためのオンライン講義を行いました。キャリア教育講義のテーマは「就労、働くことについて」でした。行政書士・司法書士のお仕事と、お客様とのコミュニケーションの取り方(挨拶や聞き出し方など)についてのお話しを聴いていただき、自分のキャリアの参考にしていただきました。また、宅建業の免許申請書や添付書面に実際に触れていただく、体験の時間もとりました。

講義は、「稼ぐことと、やりたいこと」(ライスワークとライフワーク)、「行政書士・司法書士とは」、「コミュニケーション」(①こちらの伝えたいことを相手に伝えること、②相手が伝えてほしいことをこちらが伝えること。また、挨拶はコミュニケーションの基本中の基本であること)、「就労、働くことについて」、「ロータリークラブの活動」の順で行いました。そして、「良い失敗は人生の財産です。ワンチャンスありそう、ダメで元々と感じたら、ぜひあがいてください」とまとめました。

後日、高校からいただいた生徒たちの感想文によると、「稼ぐことと、やりたいこと」、「コミュニケーション」、「あがくこと」に関心が高くなっていました。

「高校生のうちにたくさん挑戦して大学生、社会人としてうまくやっていける人になりたいな、「ワンチャン」「ダメ元」で取り組んでいこー!と思いました」

12/9、目白のフレンチ「ラ・ムジカ」さんにて、気仙沼を食す会第57回「気仙沼のモウカザメ・メカジキをフレンチでいただく」を開催しました!

12/9、目白のフレンチ「ラ・ムジカ」さんにて、気仙沼を食す会第57回「気仙沼のモウカザメ・メカジキをフレンチでいただく」を開催しました!

モウカザメは気仙沼のサメ屋「カネヒデ吉田商店」さんにご提供をいただきました。

DSCN6347.JPG

DSCN6349.JPG

DSCN6341.JPG

当日のメニューは次のとおりです。「モウカザメのカダイフ巻きソテー、グリビッシュソース」、「メカジキのグリエ、エスカルゴバターのソースで」、「唐桑産殻付き生牡蠣、フランボワーズ風味のエシャロットで」などです。いずれも、とても美味でした! その中でも「モウカザメのカダイフ巻きソテー」が大ヒットでした! カダイフ麺で巻いて揚げたものです。パリパリの食感です!

DSCN3697-1.JPG

気仙沼の旬を堪能しました。緊急事態宣言が開けて、たいへん楽しい時間を過ごすことができました!

11/10、農業情報総合研究所/オンラインきき酒会/第9回「農業を中心とした新しい蔵元の形 ~一ノ蔵によるお米づくりと環境保全の取組み~」を開催しました!

11/10、農業情報総合研究所/オンラインきき酒会/第9回「農業を中心とした新しい蔵元の形 ~一ノ蔵によるお米づくりと環境保全の取組み~」を開催しました!

一ノ蔵のお酒をいただきながら、鈴木整さん(株式会社一ノ蔵 代表取締役社長)のお話しを伺いました。一の蔵のお米づくり、環境保全の取組みなどです。環境保全の取組みとして、蕪栗沼のふゆみずたんぼにおける冬期湛水農法に倣い、自社でも試験圃場で冬期湛水を行っています。

DSCN3043-2.JPG

当日の日本酒はお酒好きの方向けでした。次のとおりです。
1.無鑑査本醸造:辛口です。一ノ蔵、最大のヒット商品です。
2.特別純米酒:辛口です。2種類の原料米、宮城県のササニシキと酒造好適米「蔵の華」で、それぞれ造ったお酒のブレンドです。
3.山廃特別純米酒 円融:熟成香と酸味があります。宮城県産の環境保全米「ささろまん」を使用しています。

一ノ蔵のお酒、美味しかったです! 堪能しました!

議事録はこちらから。
http://sp-senryaku.org/nogyojyoho055.pdf

【戦略経営研究会のご案内です】 2/5土、14:00-、アイ・グリッド・ラボによる「AI・IoTを活用した次世代エネルギープラットフォーム ~太陽光発電量をAIで予測~」

2/5、戦略経営研究会「AI・IoTを活用した次世代エネルギープラットフォーム ~太陽光発電量をAIで予測~」のご案内です!

株式会社アイ・グリッド・ラボは、AIとIoTを活用したVPPプラットフォームの構築により、脱炭素社会の実現を目指しています。VPPとはバーチャルパワープラントのことです。多数の小規模な発電所や電力の需要抑制システムを一つの発電所のようにまとめて制御を行うことができます。そのメリットは、小規模な発電施設や制御システムでも、それらを連動させて、電力網の需給バランスを最適化できるところにあります。

株式会社アイ・グリッド・ラボは、太陽光発電の発電量予測、地点ごとの電力需要予測の精度を向上させて、VPP拠点で創出される各拠点で消費しきれない太陽光発電による余剰電力量を、AIを用いて正確に解析できるようにしています。また、上記解析データに基づいて、蓄電池、電力消費機器(空調や照明設備)を効率的に制御するIoT技術も併せて向上させることにより、気候や日照条件に左右され出力が不安定とされる太陽光発電による再生可能エネルギーの有効活用に繋げています。

今回は、株式会社アイ・グリッド・ラボの取締役CTO、岩崎哲さんからご発表をいただきます。
https://www.igrid.co.jp/

ご発表の後、質疑応答・意見交換も行います。
ご参加申込みをお待ちしております!


20220205戦略経営研究会/第144回
テーマ:AI・IoTを活用した次世代エネルギープラットフォーム ~太陽光発電量をAIで予測~
発表者:岩崎哲さん(株式会社アイ・グリッド・ラボ 取締役CTO)
日時:2022年2月5日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:30終了
会場:Zoom
会費:1000円

参加申込:
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「2/5戦略研」としてください(SSL暗号化対応)。
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

※ Zoom懇親会です。30分ほどです。

11/26-28、大阪にてコナモン三昧! 「千草」「美舟」「わなか」「とんべえ」「会津屋」

11/26-28、大阪にてコナモン三昧!

DSCN6221.JPG

天神橋4丁目「千草」。豚玉。かりふわです。鰹節がきいています。

DSCN6277.JPG

小松原町(東梅田)「美舟」。豚玉。ザ・コナモン!って感じです。マヨなし、ソースのみです。

DSCN6281.JPG

天神橋4丁目「わなか」。たこ焼き。いつもは「生地」でいただきますが、今回はソースマヨにて。熱々でした。

DSCN6332.JPG

難波1丁目「とんべえ」。豚玉。辛口ソースです。鰹節は具の中に入れて焼きます。豚は蒸し焼きでした。いろいろあります。

DSCN6335.JPG

難波1丁目(ナンバなんなん)「会津屋」。たこ焼き。生地でいただきました。熱々です。出汁の味を味わえます。

いずれも美味でした! 堪能しました!

11/28、岸和田市地蔵浜町にあります「泉州海鮮 きんちゃく家」に行ってきました! 生しらす丼、釜揚げしらす、しらすのかき揚げ

11/28、岸和田市地蔵浜町にあります「泉州海鮮 きんちゃく家」に行ってきました!

DSCN6290.JPG

早めのランチで立ち寄りましたが、すぐに満席になりました。家族客は多いです。生しらす丼をいただきました。とても美味です。しらすの鮮度と触感を楽しむことができました。

DSCN6293.JPG

追加で、釜揚げしらすもいただきました。塩加減が丁度良い塩梅です。

DSCN6295.JPG

また、しらすのかき揚げもいただきました。熱々、やわらかでこちらも美味でした。

しらす三昧でした!

DSCN6299.JPG

お店の前の漁港では、鰮巾着網漁業協同組合主催の地蔵浜みなとマルシェやフリーマーケットが開催されており、たいへん賑わっていました。