農業ラジオの取材にて、仙台市若林区の学生ボランティア団体/一般社団法人ReRootsへ行ってきました

先月ですが、仙台市若林区笹新田(荒浜地区の手前)に行ってきました。仙台駅からバスで30分弱ですが、農村地帯です。すぐに海岸になります。

画像

(遠くに仙台の中心部が見えます)

画像

(海の方向です。遠くに瓦礫の中間処分場/貯蔵が見えます)

泥土と瓦礫の処理がなんとか片付き、昨年には稲の収穫が行われていたようです。この地域にも2メートルの津波が押し寄せました。


画像


学生ボランティア団体/一般社団法人ReRootsが、瓦礫の処理やハウスの解体を進めていました。代表の広瀬剛史さんに農業ラジオのインタビューをさせていただきました。
こちらの団体、そろそろ復旧から復興のフェーズに移り、仙台の商圏を対象に野菜の販売(仙台駅前の「仙台朝市」など)や子育て世代対象の市民農園に力を入れ始めたところのようです。

"農業ラジオの取材にて、仙台市若林区の学生ボランティア団体/一般社団法人ReRootsへ行ってきました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント