4/8、「国際ロータリー第2580地区/地区青少年奉仕包括成果発表会」を開催しました!

4/8、「国際ロータリー第2580地区/地区青少年奉仕包括成果発表会」を開催しました!

当日は130名が出席しました(ロータリアン61名、青少年63名、米山奨学生・学友6名)。この発表会はインターアクト、ローターアクト、青少年交換など青少年奉仕部門の「クロスプロモーション」(セクター間の交流促進と共同活動のきっかけ作り)を目的として、地区内のインターアクター、ローターアクター、青少年交換プログラムの来日学生、派遣予定学生、ROTEXが一堂に会し、各セクターから活動の報告を行い、共有します。また、中学生職場体験・高校生就業体験の受入れ事業所やゲストとしてお招きした米山奨学生・学友からの報告なども行われました。報告後は、青少年奉仕部門の各セクターが混合でグループを組み、意見交換を行いました。このグループにロータリアンも加わりますがオブザーバーです。ファシリテーターのローターアクターから求められた時だけアドバイスを行います。本年は米山奨学生・学友も加わりましたので、国際色も豊かになりました。意見交換会の主なテーマは「外国の人々が日本で暮らす上での「障害」は何か」でした。派遣予定学生が来日学生との交流行事にてなかなか意見を言い出せなかったことや、米山奨学生が日本に留学して挨拶の違いに困惑したことなどの体験談も共有しました。

"4/8、「国際ロータリー第2580地区/地区青少年奉仕包括成果発表会」を開催しました!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント