アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「植物工場」のブログ記事

みんなの「植物工場」ブログ


農業ビジネスセミナー!(仙台) 3/8東北食農研「ITを活用したトマト、サラダホウレンソウの生産」

2014/01/30 16:13
さて・・・。3/8東北食農研(第5回)のご案内です。

仙台市若林区にある農業生産法人の代表である菊地守さんに
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1070/20120214_01.htm (河北新報の記事)
ご発表をいただきます。

ぜひ、ご参加申込みをよろしくお願いします!


20140308 東北食農研究会/第5回ミーティング

テーマ ITを活用したトマト、サラダホウレンソウの生産 
     〜野菜の安定供給の確立と海外輸出の検討〜

内 容 仙台市若林区にある農業生産法人の代表である
     菊地守さんは、
     スーパーやコンビニエンストアを顧客として、
     ITを活用した植物工場にて生産管理を行い、
     野菜の安定供給を行っています。
     付加価値向上による高収益の確保とともに
     野菜の海外輸出も検討しています。

     菊地守さんにITを活用した植物工場による
     野菜の生産管理や販路開拓についてご発表をいただきます。
     このご発表の後、質疑応答、意見交換を行います。

発表者 菊地守さん(農業生産法人株式会社みちさき代表/仙台市若林区)

日 時 2014年3月8日(土曜日) 
     (16:45から受付開始)17:00〜18:30 

会 場 仙台市情報・産業プラザ(AER6F)/特別会議室
     宮城県仙台市青葉区中央1丁目3−1
     http://www.siip.city.sendai.jp/netu/shisetsu/special_conference_room.html

会 費 1,000円

申込み 
    担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
    下記の内容を送信してください。

    3/8東北食農研に参加します。
    お名前:
    所属:
    連絡先(メルアド):
    懇親会の出欠: 出席/欠席

    または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
    「勉強会名」を「3/8東北食農研」としてください。
    (SSL暗号化対応)
    https://form.os7.biz/f/4da7401d/ 

※ 勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。


主 催 特定非営利活動法人農業情報総合研究所 
      http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html
     仙台ITビジネス研究会 http://sendai-itbiz.com/
     仙台ビジネスターミナル http://www.sendai-bt.com/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キーストーンテクノロジー社の「LED菜園」完成お披露目会に行ってきました

2013/04/22 19:25

キーストーンテクノロジー社の「LED菜園」完成お披露目会に行ってきました。

2013年4月18日、新横浜にて開催されました。

画像


岡崎聖一社長による「都市型植物工場」の講演もありました。

エレクトロニクス、半導体、栽培装置と
植物生理学、
そして、外食ビジネス、マーケティング、ブランティング
の融合をお話しされていました。


画像


こちらの植物工場は、食料生産の分散・独立化
環境調和型農業を目指しています。


画像


植物工場にて作られた「ルッコラ」もいただくことができました。
歯ごたえもあり、また、香り、苦味・辛みもしっかりしていました。


ちなみに、こちらのLED菜園は事前予約をすれば、
見学可能とのことです。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


農業ラジオの取材にて、仙台市若林区「六丁目農園」に行ってきました

2012/05/21 19:39

農業ラジオ「農といえるニッポン!」(FM世田谷)の取材にて、

仙台市若林区のビュッフェレストラン「六丁目農園」

に行ってきました。


画像


こちらは、仙台東部道路により津波の被害を受けずにすんだ

地域にあります。

仙台駅からはかなり離れたところにありますので、

お車で向かうか、

仙台駅東口からの無料送迎バスを使われるかになります。
(無料送迎バスの詳しいことは下記サイトから)


画像


こちらでは、キーストーンテクノロジー社の

植物工場マザーマシンが店内に設置されています。

この植物工場で作られたお野菜もいただくことができます。

すなわち、「店産店消」が実現されています。

お食事は、ビュッフェ形式にてランチのみになります。

かなりの人気店ですので、お出かけの前に

お店に予約をされたほうが良いようです。
(詳しいことは下記サイトから)


「六丁目農園」を経営されている、

アップルファーム社の渡部哲也社長

にお話しを伺うことができました。

安心して食べることができるものを提供することに

こだわられています。

そのために、植物工場の野菜や有機野菜を素材として、

手作りのお料理(セントラルキッチンなどではできない)を

お客様に提供されています。

また、このお料理や有機野菜の栽培を

知的障害者のみなさんが一所懸命に行っています。

こちらは、知的障害者のみなさんの

雇用の場も提供されています。


※ 「六丁目農園」のサイトはこちら。
   http://www.sprasia.com/tv/user/rokunouen/kodawari


記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


20120410農業ビジネス研究会「植物工場における生産とマーケティング戦略」

2012/04/19 10:26

2012年4月10日、農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会

「植物工場における生産とマーケティング戦略
 〜キーストーンテクノロジー社の植物栽培用LEDの強みと
  導入の具体的事例〜」

を開催しました。

発表者は、岡崎聖一氏

(株式会社キーストーンテクノロジー 代表取締役社長・CEO)
http://www.keystone-tech.co.jp/

です。

画像



植物工場への関心の高さから、大入りでした。

今後も植物工場については注目していきたいです。


発表のサマリーは下記のとおりです。

キーストーンテクノロジー社は植物工場の開発、販売、また導入における
マーケティング支援を行っている。

キーストーンテクノロジー社は植物の成長に合わせた光の波長を
供給できるLEDを開発している。

このLEDが植物工場市場におけるキーストーンテクノロジー社の強み
となっている。

従来型の植物工場では蛍光灯を使用しているが、
蛍光灯では植物の成長に不要な光の波長も含まれてしまう
(経済合理性に反してしまう)。

また、キーストーンテクノロジー社は顧客に対し露地栽培野菜と
いかに競合させないか、

そのためのチャネルとブランディングというマーケティング支援を
行っている。

たとえば、インターネットによる直販や
都会のレストランにおける「店産店消」である。

植物工場の導入成功の必須事項として、規模の経済を追わないこと、
薄利多売ではなく「厚利少売」とする。

具体的な導入事例としては、「横浜馬車道ハイカラ野菜」、
「仙台市若林区の六丁目農園」、「LED菜園ドットコム」などが
挙げられた。








記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


【ご案内】4/10農業ビジネス研究会「植物工場における生産とマーケティング戦略」

2012/03/12 16:27
2010年10月の戦略研にて「エネルギー情報論」を発表された、
大場さんが、
日経ビジネスオンラインにて「エネルギー論」の連載を始められたそうです。

第2回は、「サウジアラビアが石油輸入国になる日」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120307/229558/?P=1



さて・・・。4/10、植物工場の勉強会を開催します。

前回は、大学の研究者からの視点でしたが、
今回は、植物工場をマザーマシンとして、
マーケティングを含めたパッケージで販売されている、
キーストーンテクノロジー社の岡崎聖一社長に発表をいただきます。

キーストーンテクノロジー社は、
植物工場業界にて成功されている数少ない企業です。

導入事例はこちらから。
http://www.keystone-tech.co.jp/ledsaien/
また、
横浜・馬車道のハイカラ野菜を自社の植物工場から提供されています。
http://www.keystone-tech.co.jp/haikara/

ぜひ、ご参加申込みをよろしくお願いします。


20120410農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会

テーマ 「植物工場における生産とマーケティング戦略
      〜キーストーンテクノロジー社の
植物栽培用LEDの強みと導入の具体的事例〜」

内 容 現在、植物工場は第3次ブームと言われており、
     社会的な注目を浴びています。
     しかし、ビジネスとして成り立っている事例は、
     あまり多くはないとはされています。

     キーストーンテクノロジー社は、その研究、技術の強みを活かして、
     植物栽培用LEDの開発を行うだけではなく、
     マーケティング戦略やブランド戦略の提案をパッケージで行い、
     植物工場の導入を成功させてきています。

     今回は、キーストーンテクノロジー社の岡崎聖一代表取締役に
     発表をいただくとともに、
     参加者と植物工場のビジネス的な可能性について
     意見交換を行います。

発表者 岡崎聖一氏
     (株式会社キーストーンテクノロジー代表取締役社長・CEO)
     http://www.keystone-tech.co.jp

日 時 2012年4月10日(火曜日) 
     (18:45から受付開始)19:00〜21:00   

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 

会 費 社会人 3000円 / 学生 1000円

参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
     下記の内容を送信してください。

     4/10農業研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


20111206農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会「植物工場の現状と問題」議事録

2011/12/26 11:14

池田敬氏(明治大学農学部農学科生産システム学研究室准教授)による

20111206農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会「植物工場の現状と問題」議事録を、

戦略経営研究会HPへ掲載しました。
http://www.sp-senryaku.org/action.html

現在の植物工場ブームの動向がちょっとわかります。


画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20111206池田敬明治大学准教授による植物工場勉強会を開催します! 農業情報総合研究所

2011/11/08 17:44

さて・・・。12/6農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会のご案内です。

ご参加申込みをよろしくお願いします。


20111206農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会

テーマ 「植物工場の現状と問題」

内 容 明治大学は植物工場基盤技術研究センターにて、植物工場を立上げ、運営を行っています。
     今回は、植物工場の現状と問題に関する基礎知識の提供を行います。
     また、参加者との意見交換も行います。

発表者 池田敬氏(明治大学農学部農学科生産システム学研究室准教授)

日 時 2011年12月6日(火曜日) 
     (18:45から受付開始)19:00〜21:00 

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 
     地下1階 ミーティングルーム002
    
会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                      ↑@を半角にしてください
     下記の内容を送信してください。

     12/6農業研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【ご案内】9/21農業情報総合研究所 池田敬氏(明治大学准教授)による「植物工場の現状と問題」

2011/08/19 14:55
酷暑も一息ですね・・・。ほっ


さて・・・。9/21農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会のご案内です。

ご参加申込みをよろしくお願いします。


※ 明治大学/植物工場基盤技術研究センターの竣工式の模様はこちらから。
http://www.meiji.ac.jp/koho/desukara/university/2011/20110511syokubutsu.html


20110921農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会

テーマ 「植物工場の現状と問題」

内 容 明治大学は植物工場基盤技術研究センターにて、
     植物工場の立上げ、運営を行っています。
     今回は、植物工場の現状と問題に関する基礎知識の提供を行います。
     また、参加者との意見交換も行います。

発表者 池田敬氏(明治大学農学部農学科生産システム学研究室准教授)

日 時 2011年9月21日(水曜日) 
     (18:45から受付開始)19:00〜21:00 

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 
    
会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                      ↑@を半角にしてください
     下記の内容を送信してください。

     9/21農業研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「植物工場」ブログ

茂木正光の戦略研と行政書士・司法書士な日々 植物工場のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる