アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ


「シンギュラリティビジネス」(幻冬舎新書)の献本をいただきました!

2017/06/19 17:51
「シンギュラリティビジネス」(幻冬舎新書)の献本をいただきました!

画像
https://www.amazon.co.jp/dp/4344984579/

AI、3Dプリンター、エネルギーの研究会を開催してきた者からすると疑問点もありますが、技術革新のスピード(著書によると「エクスポネンシャル」(指数関数的))が哲学、倫理観、法制度を超えてきているのは間違いないのないところです。とすると、人のありようについてコンセンサスを得る必要が生じていることを認識するためにも読んでおくべき一冊かと。

このあたり、著者の齋藤和紀氏も「シンギュラリティが来るかどうかは問題ではなく、そこに向かってテクノロジーが進化し、世界が変わることをみんなが知るべきだと考えています。」としています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新刊2冊のご紹介「ニッポンの変え方おしえます」と「やり過ぎる力」

2013/03/02 15:55

新刊2冊のご紹介です。

@ 
「ニッポンの変え方おしえます」(政策工房著/春秋社刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4393657020

お世話になっております、
政策工房の黒澤さんからのご紹介です。

官僚主導だ、政治主導だという前に、
日本における政策/法律の作り方を知りましょう
という内容です。

誰かにお任せして、それでうまく社会が回っていた時代は
すでに終わっているということですね。
政策/法律だけでなく、社会問題は
ビジネス的な視点から自身で解決していくしかないですね。

A 
「やり過ぎる力」(朝比奈一郎著/ディスカバー・トゥエンティ刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/479931257X

やはりお世話になっております、
青山社中の朝比奈さんからのご紹介です。

日本にはリーダーシップが必要だが、
そのリーダーシップとは組織的な指導力ではなく、
ことを起こす力「やり過ぎる力」という内容です。

当方、戦略研を主宰しておりますが、
戦略の策定、戦略的な視点も大切ですが、
これを実行する、行動することが両輪として
大切と考えますので同感です。

それぞれ、ご興味ありましたら、ぜひ!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「本」ブログ

茂木正光の戦略研と行政書士・司法書士な日々 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる