アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「地域医療」のブログ記事

みんなの「地域医療」ブログ


5/11、ケアプロ川添高志さんによる「在宅医療・居宅介護支援現場の人材育成」研究会を開催しました!

2017/05/28 17:12
2017年5月11日、川添高志さん(ケアプロ株式会社 代表取締役)による医療介護人材研究会を開催しました!

画像


テーマは「在宅医療・居宅介護支援現場の人材育成」でした。訪問看護ステーションにおける新卒・新人の採用と、ケアプロの教育システムによる即戦力化についてでした。訪問看護における新卒・新人採用の新しい市場の創出、とてもわくわくするお話しでした!

川添さんの「儲かるかや制度に触れないかではなく、本当に社会に必要か?が大切です」という言葉がとても印象的でした!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2/4戦略経営研究会、加藤忠相さんによる「あおいけあ流介護」を開催しました!

2017/03/18 16:45
2/4、戦略経営研究会(114th/合同開催)を開催しました!

画像


画像


加藤忠相さん(株式会社あおいけあ代表取締役社長)に「あおいけあ流介護 〜療養上のお世話ではなく自立支援〜」をテーマにご発表をいただきました。

あおいけあさんでは、じいちゃんばあちゃんが主役であり、介護職はじいちゃんばあちゃんがやりたいことのお手伝いをしています。加藤さんは介護職の裁量に任せて、なにかあったときの責任をとることを明確にされています。この仕組みが介護職をやる気をもって継続してもらうための解決策の一つといえそうです。

当日の議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/action03.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1/14、佐々木淳さん(医療法人社団悠翔会 )による地域医療研究会(戦略経営研究会共催)を開催!

2017/02/15 20:24
1/14、域医療研究会(戦略経営研究会共催)を開催しました!

画像

 
ご発表は佐々木淳さん(医療法人社団悠翔会 代表医師)、テーマは「地域包括ケアと在宅診療の現実と未来」でした!

医療・介護以外の分野でもそうですが、地域の中で「人と人のつながり」をいかに作っていくかというところに行きつくなぁということを改めて認識しました。ただし、地域と人はそれぞれですので、一律の回答はないですし、ましてや行政が効果を上げる分野とも違うだろうと。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/health004.pdf
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ご案内!佐々木淳さん(医療法人悠翔会)による1/14「地域包括ケアと在宅診療の現実と未来」研究会

2016/12/21 18:14
さて・・・。1/14地域医療研「地域包括ケアと在宅診療の現実と未来」のご案内です。健康産業イノベーション主催の企画に戦略研相乗りです。

今回お話しいただく佐々木淳さんは、医師の勤務ほか、外資系コンサル企業に勤め、2006年8月に「幸せな最後を在宅で」365日24時間体制の在宅医療ネットワークをつくり、 今では東京都、埼玉県、千葉県において2000人を超える日本一の居宅患者数を誇るに至りました。

今回は、そんな在宅医療ネットワークの先駆者である佐々木さんより在宅医療に関する現状の課題や未来などについてお話しをいただきます。

最近、新刊「これからの医療と介護のカタチ」も出版されました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4864395160/

ぜひ、ご参加お申込みをよろしくお願いします!
質疑応答、意見交換のお時間もございます。


20170114地域医療研究会(戦略経営研究会共催)
テーマ 地域包括ケアと在宅診療の現実と未来
発表者 佐々木淳さん(医療法人社団悠翔会 代表医師)
日 時 2017年1月14日(土曜日) (15:00から受付開始) 15:10〜17:00
会 場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」
会 費 社会人2000円、学生1000円

主 催 健康産業イノベーション連盟
共 催 NPO法人ZESDA http://www.zesda.jp/
     戦略経営研究会

参加申込
担当(池田さん)のメルアド ikepon8094@gmail.com まで、
下記の内容を送信してください。

1/14地域医療研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「1/14地域医療研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/1e06c9d7/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2/6「地域医療の現状と課題、IT活用」研究会を開催しました!

2016/02/18 20:06
2/6、戦略経営研究会第108回を開催しました! テーマは「地域医療の現状と課題、IT活用」、発表者は豪華!に、森田洋之さん(南日本ヘルスリサーチラボ代表)、黒滝義之さん(黒滝歯科院長)、豊田剛一郎さん(株式会社メドレー代表取締役、医師)、松瀬啓祐さん(株式会社カカクコム介護事業準備チームマネージャー)でした。3時間半を超える長丁場でしたが、たいへん満足度の高い研究会とすることができました!

画像


画像


画像


画像


高齢化に伴う医療費の増加についての危機意識は共有されているのに対して、やはり一人一人のリテラシー向上のための具体策がやはり必要と感じました。今後もそのための研究会等を継続していきます。また、森田さんや黒滝さんなど、個人の熱意、がんばりだけでなく、これを一人一人が支える仕組みづくりに、ITが活用できないかと考えました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1/23、地域医療研究会「板橋区高島平における地域医療と連携」を開催しました!

2016/01/31 11:17
1/23、池袋にて、地域医療研究会を開催しました!

画像


佐藤恵さん(佐藤クリニック院長)に「板橋区高島平における地域医療と連携」をテーマにご発表をいただきました。佐藤さんは看護士、ヘルパー、ケアマネジャー、薬剤師らと連携して、在宅療養を15年にわたり板橋区の高島平地域にて行われています。ご本人の思いを大切にする、そのための会話を行う。そして、上記関係者だけでなく地元の飲食店などとのつながりも大切にする。とても聴き応えのあるお話しでした。宇沢弘文の「社会的共通資本」が思い浮かびました!

また、死生観についてもお話しがありました。「ピンピンコロリ」よりも「ピンネンコロリ」を推奨されています。もちろん、「ネンネンコロリ」(長期に寝たきりとなってから亡くなる)よりは良いのですが、「ピンピンコロリ」ですと、ご本人も周りも「支える」ことができないからです。「ピンネンコロリ」であれば、「ピン」のうちに周りを支え、「ネン」になったら支えてもらえます。地域医療はご本人も「支える」側であることが大切ということですね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「地域医療」ブログ

茂木正光の戦略研と行政書士・司法書士な日々 地域医療のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる