ベトナム・タイなどからのビジネス人材の往来再開/レジデンストラック

ベトナム・タイなどからのビジネス人材の往来再開/レジデンストラック

外務省のサイトに「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について」が掲載されています(9/12時点)。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page25_002003.html

簡単に言えば、ベトナム・タイからのビジネス人材(技術・人文知識・国際業務など)の渡航を例外的に認めるというものです(「レジデンストラック」といいます)。ベトナム・タイからの上陸拒否の措置は継続していますが、「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置」に沿って上陸申請する外国人については、特段の事情があるものとして上陸を許可するとのことです。ベトナム・タイからのレジデンストラックは7/29より施行されています。なお、9/8より、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、台湾からのレジデンストラックも施行されています。

日本の出入国在留管理局(入管)にて、技術・人文知識・国際業務などの在留資格認定証明書発行後に、ベトナム・タイなどにある日本大使館または領事館でご本人による査証手続きとなります。

査証手続きに必要な書類
①査証申請書(顔写真添付)
②旅券
③在留資格認定証明書
④誓約書 写し2通(ご本人の受入企業・団体が記入・署名。コピーを送付)

レジデンストラック利用による日本への入国前14日間の検温を実施します。発熱(37.5度以上)や呼吸器症状、倦怠感等を含む新型コロナウイルス感染症の症状が認められる場合は渡航を中止することになります。現地を出国前72時間以内に、現地にある医療機関にてPCR検査などを受ける必要があります。その際には、その医療機関に「陰性」であることの検査証明を記載してもらいます。日本の空港の手続きの際に、検査証明が必要になります。

レジデンストラック利用に必要な書類
①有効な査証
②検査証明(又はその写し)(出国前72時間以内(検体採取から搭乗予定航空便の出発時刻までの時間)の検査の結果に基づいたもの)
③誓約書 写し2通(ご本人の受入企業・団体が記入・署名。コピーを送付)
④質問票(入国便の機内において全乗客に配布されます)

入国後の注意点をまとめると下記のようになります。
・入国時に民間医療保険(滞在期間中の医療費を補償する旅行保険を含む)に加入します。なお、入国時点で日本の公的保険制度(健康保険や国民健康保険など)に加入している場合は、この限りではありません。
・LINEアプリ、接触確認アプリ、地図アプリ等の導入・設定等について、入国時に空港の検疫・入管で確認を行います。導入・設定について準備をします。
・入国後14日間のLINEアプリを通じた健康フォローアップ
・接触確認アプリの導入
・入国後14日間の既存の地図アプリを通じた位置情報の保存

なお、上記は流動的です。最新情報の確認が必要です。

【東京板橋セントラルロータリークラブ/レポート】8月17日、板橋区文化会館の会議室にて、児童養護施設の卒園者を対象にタブレットの贈呈(無償貸与)とレクチャーを行いました

【東京板橋セントラルロータリークラブ/レポート】
8月17日、板橋区文化会館の会議室にて、児童養護施設の卒園者を対象にタブレットの贈呈(無償貸与)とレクチャーを行いました。

DSCN5345 (2).JPG

社会的に自立困難にある若者の情報リテラシー向上サポートを行うことを目的とします。出席者は、卒園者代表、児童養護施設園長、板橋区子ども政策課長、板橋区子どもの貧困対策担当と、当クラブの会長、幹事、社会奉仕委員長でした(新型コロナウイルス感染症対策のために出席人数をしぼって開催)。会長からのご挨拶の後、卒園者代表と児童養護施設園長へタブレットの贈呈を行いました。卒園者代表からお礼の言葉をいただきました。児童養護施設園長からは児童養護施設やその卒園者のことを知っていただくことが社会的に大切というコメントいただきました。

タブレットのレクチャーでは、基本的な操作・アプリ・機能について、卒園者に実際に使っていただきなら行いました。YouTubeやカメラなど楽しんで使っていただく機能についても知っていただきました。また、情報リテラシー向上のために、グーグルでの検索の仕方とともに、仕事、メンタル、健康、法律などで困った場合に公的機関に相談をするときのノウハウも説明しました。合わせて、タブレットを使用することによるリスク(ウイルスメース、出会い系サイトなど)からの回避についても説明しました。

卒園者の自立に少しでもお役に立つことを願います。

8月22日、オンラインにて、気仙沼仕事創出プロジェクト事業として、気仙沼の水産関連の若手経営者/三陸未来さんを対象に「気仙沼フードマイスター講座」を開催しました!

8月22日、オンラインにて、気仙沼仕事創出プロジェクト事業として、気仙沼の水産関連の若手経営者/三陸未来さんを対象に「気仙沼フードマイスター講座」を開催しました。若手経営者のマーケティング力の向上とともに、アフターコロナの需要予測のサポートを目的とします。

画像01.jpg

①グラフィックデザイナーの増田悠太朗さんから、パッケージデザイン、キャッチコピーなどのマーケティングのレクチャーを行いました。また、②城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科の観光戦略ゼミの院生(中国人9名)から、中国人の若者から見た気仙沼とアフターコロナのインバウンド需要への準備などについてのプレゼンも行いました。お客様に認識していただくこと、お客様の得られる価値を明確とすることという共通点がありました。

また、既存水産加工品の売上と三陸未来さんの認知度の向上のためのパッケージデザイン、キャッチコピーについて事例に基づく意見交換がありました。

8/1、戦略経営研究会/第135回「三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる」を開催しました!

8/1、戦略経営研究会/第135回「三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる」を開催しました!

Zoomでの開催ということでせっかくなので、熊野市の田中りみさん(漁師/ゲイト二木島ラボ)にご発表をいただきました。なぜ、女性の職業に漁師という選択肢にしたいのかといえば、「地元には子どもがおらず、活気がありません。活気を復活させるためには、子どもを増やす必要があり、そのためには、若い女性が地元にいて、職業を持たなくてはなりません。その一つが漁師で良いはずです。その漁師としてのモデルを見せたいと考えて、実行しています」とのことです。

また、五月女圭一さん(株式会社ゲイト 代表)からもご発表をいただきました。漁業・飲食店への新型コロナの影響とともに、「魚を売らなくても回るモデル」についてでした。

ゲイトさん→ https://gateinc.jp/

当日の議事録はこちら→ http://www.sp-senryaku.org/135.pdf

8/12、池袋東武の「おうちで、楽しむ。沖縄展」(2020年8月12日(水)~18日(火))へ。那覇市「泡盛倉庫」さんの「31/32 Chiyoizumi distillery 1948-2018」

8/12、池袋東武の「おうちで、楽しむ。沖縄展」(2020年8月12日(水)~18日(火))へ

P_20200812_171456.jpg

那覇市「泡盛倉庫」の比嘉康二くんが売り子をしていました。新型コロナの影響で、バー営業や試飲はNGのためとか。

P_20200812_171435.jpg

比嘉くんとこで推している「31/32 Chiyoizumi distillery 1948-2018」を購入しました。廃業となって宮古島「千代泉」の最後の泡盛を使っています。貴重品です。「味わいは柔らかな甘さとコクが特徴」とのこと。楽しみです!

7/15、Zoomにて、気仙沼を食す会/第52回を開催しました! 「大弘水産」の小野寺大輔さんにゲストでご参加いただき、カジキスモーク、サバスモーク、ブリスモーク

7/15、Zoomにて、気仙沼を食す会/第52回を開催しました!

DSCN6720 (2).JPG

気仙沼市の水産加工会社「大弘水産」の小野寺大輔さんにゲストでご参加いただきました。小野寺さんところのカジキスモーク、サバスモーク、ブリスモークをいただきながら、①新型コロナの影響、②大弘水産さんの紹介、③本日の水産加工品の紹介とこだわりのお話しを伺いました。新型コロナの影響にてウェディング需要は減少しましたが、ネットショップを介した家庭需要が増加しているとのことです。

また、地の食材には地のお酒ということで、気仙沼の地酒。男山さんの「蒼天伝/特別本醸造」と角星さん「別格/純米生貯蔵」。端麗キレ有りと、どっしり米の旨味を飲み比べることができました。こちらの手配は気仙沼の酒屋、丸桂さんにお願いしました。

ご参加は士業のみなさまでした。リモートということで、福岡県や香川県からもご参加いただきました。小野寺さんとわいがや盛り上がりました!

農ラジ!、5ヵ月ぶりの復活です! 株式会社シェアグリの井出飛悠人くんから、農業人材(技能実習・特定技能など)について新型コロナの影響とマッチングの最新情報について(6分ほど)

農ラジ!、5ヵ月ぶりの復活です! 農ラジ!はNPO法人農業情報総合研究所の発信するYoutubeを使った農業ラジオです。



今回はシェアグリの井出くんから、農業人材(技能実習・特定技能など)について新型コロナの影響とマッチングの最新情報についてです(6分ほど)。

7/9、Zoomにて、農業ビジネス研究会「オンラインきき酒会/第2回 ~能登のお酒と里山まるごとホテル~」を開催しました!

7/9、Zoomにて、農業ビジネス研究会「オンラインきき酒会/第2回 ~能登のお酒と里山まるごとホテル~」を開催しました!

ゲストは山本亮さん(株式会社百笑の暮らし 代表/里山まるごとホテル プロジェクトマネージャー)。
https://www.satoyamamarugoto.com/

能登のお酒をいただきながら、山本さんからお話しを伺いました。里山まるごとホテルは、イタリアの「アルベルゴディフーゾ」のようになっています。地域全体をホテルに見立てています。たとえば、お食事処から宿までの道がホテルの通路となります。訪れた人の数よりも訪れた人との縁や関係性の深さを築くことが大切とします。田舎の家庭で交流して、お食事を一緒にして、ホタルを見に行く。そんな生活をしているかのような雰囲気を大事にしています。

DSCN6574.JPG

お酒は数馬酒造の「竹葉」純米生貯蔵酒。お米のうま味がしっかり感じられますが、すっきりしたのど越しです。能登のおつまみもいただきました。「タケノコの梅漬け」と「輪島フグいしる干し」。「タケノコの梅漬け」は里山まるごとホテルのばぁば手づくり。「輪島フグいしる干し」は能登の魚醤「いしる」で漬け込んでいます。地の物同士のマッチングを堪能しました!

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/nogyojyoho047.pdf

7月上旬、神田小川町にある「麺ダイニング ととこ」さんへ。出羽桜さんの「桜花吟醸 本生」、つったいラーメン

7月上旬、神田小川町にある「麺ダイニング ととこ」さんへ。

DSCN6538.JPG

こちらは、山形のお酒とお料理もいただけます。出羽桜さんの「桜花吟醸 本生」をいただきました。ちと甘めが、山形のお料理に合います。

P_20200706_183241.jpg

だだちゃ豆、ニジマスのいくら、真室川の天然鮎の塩焼きをいただきました。とても美味です。

P_20200706_184810.jpg

〆は、つったいラーメンでした。夏場にぴったり、やさしいお味のスープです。

6/6、戦略経営研究会/第134回、大西立顕さん(立教大学大学院人工知能科学研究科 教授)による「AI・データサイエンスから新たな価値ある知見を創出する ~「ビッグデータで推計した全国における集落の人口減少」の研究事例を通して~」を開催しました!

6/6、戦略経営研究会/第134回「AI・データサイエンスから新たな価値ある知見を創出する ~「ビッグデータで推計した全国における集落の人口減少」の研究事例を通して~」を開催しました! ZOOM開催でした!

大西立顕さん(立教大学大学院人工知能科学研究科 教授)から、全国の緯度経度・業種情報付き法人電話帳データを活用した「都市規模に見合った適正な施設数の指標」、「買物困難リスクの推定」、「全国における集落の人口減少」についてご発表をいただきました。

リアルタイムに近い客観データに基づく、生活基盤の持続可能性の議論、市区町村合併の検討などへの政策的な活用を行えるとしました。サイエンスと政策の融合ですね。また、ビッグデータの結果を解釈するには他分野の知識や社会経験が活き、1つの専門分野、旧来の組織・学問体系では修得困難としました。このような人材の育成が必要ですね。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/134.pdf

7月2日、練馬区豊玉上(新桜台駅近く)のイタリアン「イル・トンシオーネ」さんへ!

7月2日、練馬区豊玉上(新桜台駅近く)のイタリアン「イル・トンシオーネ」さんへ! 「イル・トンシオーネ」さんのオーナー・シェフである頓所さんとは気仙沼の支援つながりです。

P_20200702_183813.jpg

P_20200702_191429.jpg

北海道ホタテとアスパラのフリッタータ、イタリア兎肉がトッピングされたラビオリなどと、イタリアワイン(トスカーナが多かった)とのアッヴィナメントを堪能しました。ほかにも、八丈島のキンメダイ、美桜鳥、甲州ワイン牛などこだわりの食材です。また、フリッタータのソースは気仙沼のあおさと柚子胡椒を使っていたり、一手間も二手間もかかっています。

P_20200702_185916 (3).jpg

ワインは、モンテニドーリのロゼ「トスカーナ ロザート カナイウオーロ」、フランツ ハースのマスカット酒「アルト アディジェ モスカート ジャッロ」などの希少品。モンテニドーリは84歳のおばあさんが経営しているお話しなどともにいただくことができました。

「イル・トンシオーネ」さん、ディスタンスとりながら、がんばって営業されています。

6/17、目白のフレンチ「ラ・ムジカ」さんへ。「三陸タコのマリネ」「鮎のコンフィ カダイフ巻き」「鴨肉ロースト」

6/17、目白のフレンチ「ラ・ムジカ」さんへ。

シェフのお任せということで、「三陸タコのマリネ」「鮎のコンフィ カダイフ巻き」「鴨肉ロースト」をいただきました! とても美味でした!

P_20200617_184527.jpg

「鮎のコンフィ カダイフ巻き」はカダイフのサクサクの食感とともに、鮎のうま味をまるごといただけました。絶品でした!

【ご案内です!】 Zoom開催です! 8/1、1400-、戦略経営研究会「三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる」

さて・・・。Zoom開催です! 8/1、戦略経営研究会「三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる」のご案内です!
せっかくのZoomの機会なので、遠隔地の方にご発表をいただきます!

今回は、熊野市二木島にて新規就漁された、田中りみさんからご発表をいただきます。
田中さんは二木島のほか、尾鷲市の須賀利にて、定置網漁をされています。
また、熊野市の女性数名とチームを組んで、水産市場の仲買、水産加工などもされています。

Gyoppy!の記事「「女には無理」から「やりたいならやれ」へ。漁師の世界に女性活躍の場をつくる挑戦」
https://gyoppy.yahoo.co.jp/originals/48.html

また、こちらの会社の代表である、五月女圭一さんからもご発表をいただきます。
株式会社ゲイトは東京で居酒屋を経営しているだけでなく、定置網漁の漁業権に参入(漁協の組合員)し、自社で加工、流通、提供もされています。
http://izakaya.gateinc.jp/

ご発表の後、質疑応答・意見交換も行います。
ご参加申込みをお待ちしております!


20200801戦略経営研究会/第135回
三重県熊野市二木島の新規就漁と女性の職業に漁師という選択肢をつくる
発表者:五月女圭一さん(株式会社ゲイト 代表)
    田中りみさん(漁師/ゲイト二木島ラボ)
日時:2020年8月1日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:30終了
会場:Zoom
/開催の数日前、ご参加申込者にZoomのご招待URLを送信します。
会費:1000円
/ご参加申込者にお振込先をお知らせします。

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「8/1戦略研」としてください(SSL暗号化対応)。
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

※ Zoom懇親会です(笑 30分ほどです。

6/4、Zoomにて、気仙沼を食す会/第51回を開催しました! 気仙沼市階上地域の漁師/藤田純一さんにゲストでご参加いただきました

6/4、Zoomにて、気仙沼を食す会/第51回を開催しました! 新型コロナ対応にて初Zoom開催でした!

DSCN6126 (2).JPG

気仙沼市階上地域の漁師/藤田純一さんにゲストでご参加いただきました。藤田さんところの塩ウニとワカメをいただきながら、ウニ、ワカメ、タコのお話しをいただきました。塩ウニはミョウバン不使用なので、とても美味。また、外洋でもまれたワカメの弾力がたまりません。また、新型コロナ下における気仙沼状況についても。気仙沼港は飲食店向けの高級品がストップの状況、とはいえ、家庭向け(スーパーによる流通)は好調とか。また、ビンチョウが豊漁とのことです。

DSCN6111.JPG

また、お酒は気仙沼の地酒、男山さんの「蒼天伝/特別本醸造」と角星さん「別格/純米生貯蔵」。端麗キレ有りと、どっしり米の旨味を飲み比べることができました。こちらの手配は気仙沼の酒屋、丸桂さんにお願いしました。

ご参加のみなさま、藤田さんのお話しに興味津々でした。ここでのウニのお話しが、この後の販売につながったようです。

5/15、Zoomにて、農業ビジネス研究会「オンラインきき酒会/第 1 回 ~瀧自慢と喜楽長~」を開催しました!

5/15、Zoomにて、農業ビジネス研究会「オンラインきき酒会/第 1 回 ~瀧自慢と喜楽長~」を開催しました!

2020051510.jpg

コーディネーターは小澤和幸さん(朝日屋酒店 代表)。そして、サプライズゲストとして、瀧自慢さん、喜楽長さんでした。

小澤さんから「酒販店業界と新型コロナウイルスについて」と「日本酒の楽しみ方について」のお話しをいただいた後、瀧自慢と喜楽長の飲み比べ、ご紹介となりました。今回の瀧自慢さんは純米辛口。すっきりして、香りも落ち着いています。また、喜楽長さんは特別純米。やわらかな味にて、口中に広がります。飲み慣れると、味わいがいきるようになっています。
夏酒のご紹介もいただきました。瀧自慢さんは「夏の吟醸」をお薦め。フルーティな香りを楽しめます。季節の天ぷらに合います。喜楽長さんは「特別純米 若苗」。新型コロナウイルス対策でがんばっている医療関係者を応援するタグがついています。特別純米です。炭酸割りがお薦めです。

早速、夏酒を購入し(写真はそのラベル)、喜楽長さんの「特別純米 若苗」を炭酸割りにしていただきました(笑

出入国在留管理庁より。5/21以降、「帰国が困難な中長期在留者(留学生・元留学生・元技能実習生)については、「特定活動(6ヵ月)」を許可することとします」とのことです

5/21以降、「帰国が困難な中長期在留者(次の①②③)については、「特定活動(6か月)」を許可することとします」とのことです。
①「留学」の在留資格で在留していた方、または、在留している方(就労を希望される方)
現行「短期滞在(90日)」→「特定活動(週28時間以内のアルバイト可・6か月)」
②「技能実習」及び「特定活動」の在留資格で在留していた方、または、在留している方(就労を希望される方)
現行「特定活動(就労可・3か月)」⇒「特定活動(就労可・6か月)」
③その他の在留資格で在留中の方(上記①及び②の方で就労を希望しない場合を含む。)

なお、東京出入国在留管理局の管轄区域に居住する方からの一部の申請については、本年6/30(必着)までの間、原則として、東京出入国在留管理局宛ての郵送による申請に限って受け付けとのことです。

詳細はこちら。必ずご確認ください。
http://www.moj.go.jp/content/001320105.pdf

「外国人の社内異動と入管手続きの必要性」

「外国人の社内異動と入管手続きの必要性」

新型コロナウイルスの影響にて、会社で雇っている外国人が社内異動する場合もあり得ます。

こういった場合、在留カードに記載された在留資格(いわゆる就労ビザ)は「技術・人文知識・国際業務」となっていますので、社内異動であれば自由にできるのではないかと考えてしまうことがあるかもしれません。

しかし、外国人の就労ビザは、その外国人の卒業した専門学校・大学・大学院の専攻と関連していなくてはなりません。これは、社内異動の場合も同じです。すなわち、情報系の専攻により、プログラマー・システムエンジニアとして就労ビザを認められた外国人はこれ以外の仕事は原則できないということです。

たとえば、プログラマー・システムエンジニアとして就労ビザを認められた外国人をソフトウェア・システム開発部から人事部へ異動とする場合、出入国在留管理局より「就労資格証明書」手続きをとるように求められたことがあります。「就労資格証明書」とは外国人の転職の際に、出入国在留管理局に対して転職に入管法上の問題がないか確認するものです。左記事例の場合、人事部にて、人事系のソフトウェア・システム開発を行うということで、「就労資格証明書」を取得することができました。

ただし、人事部にて採用の業務を行うという場合には、「就労資格証明書」を取得することは想定できなかったと想定されます。すなわち、プログラマー・システムエンジニアとして就労ビザを認められた外国人が人事部にて採用の業務を行った場合、入管法違反になる可能性が高いということです。

また、社内異動の際に「就労資格証明書」手続きをとらなかった場合、プログラマー・システムエンジニアとして就労ビザを認められた外国人は次の在留期間更新許可手続きの際に、不利あるいは不許可になる可能性もあります。

外国人の社内異動の場合、入管手続きの必要性があることを認識していただきたいところです。


解雇されてしまった外国人ビジネスパーソンなど。法務省「新型コロナウイルス感染症に関する在留申請における取扱い等/新型コロナウイルス感染症に関する情報」のまとめ(5/1時点)

法務省「新型コロナウイルス感染症に関する在留申請における取扱い等/新型コロナウイルス感染症に関する情報」のまとめ(5/1時点)

外国人の「在留ビザ」についての現時点の法務省サイト掲載情報の抜粋です。
実際の案件への適用については下記法務省サイトを必ずご確認ください。今後、変更となる可能性あります。
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/20200131comment.html

1.新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響による雇用状況の悪化のため解雇、雇い止め、自宅待機等となった方について
たとえば、会社を解雇された外国人がその在留資格に係る活動を継続して3ヵ月以上行っていない場合、原則、在留資格は取消しの対象となるところ、次のようなケースに該当して、その在留資格の活動を行わないで在留していることについて「正当な理由」があるときに当たる場合は取消しとならない。
①在籍している就労先が営業不振(または営業自粛)となり、一時的に休業せざるを得なくなった場合
②在籍していた稼働先を退職後、インターネットを利用するなどして再就職先を探す活動を行っていたり、または、再就職できる見込みがあっても会社訪問を行うことができない状況にある場合
http://www.moj.go.jp/content/001319592.pdf

2.新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響による雇用状況の悪化のため解雇、雇い止め、自宅待機等となった方について
① 以下の方は、現に有する在留資格のまま在留が認められます。
(1)雇用先から解雇又は雇止めの通知を受けた方で就職活動を希望する方
(2)雇用先から待機を命じられた方で復職を希望する方
(3)雇用先から勤務日数・勤務時間の短縮を命じられた方で、引き続き稼働を希望する方
(4)その他上記(1)ないし(3)に準ずる方
② 上記①の状態のまま在留期間を迎える方については、就職活動を目的とする「特定活動」への在留資格の変更が認められます。
http://www.moj.go.jp/content/001319520.pdf

3.申請受付期間の延長について
3月、4月、5月または6月中に在留期間の満了日を迎える在留外国人(「特定活動(出国準備期間)」で在留する外国人を除く。)からの在留資格変更許可申請及び在留期間更新許可申請等については、当該外国人の在留期間満了日から3ヵ月後まで受け付けます。
http://www.moj.go.jp/content/001315947.pdf

3-1.上記3については、原則更新が認められない「短期滞在」(観光、親族訪問など)も同一の取扱い(帰国困難者として例外扱い)
たとえば、在留資格「短期滞在」の在留期間の満了日が本年5月11日の方は、本年8月11日まで、在留期間更新許可申請を受け付けています。
http://www.moj.go.jp/content/001319473.pdf

4.新型コロナウイルス感染症の影響による継続就職活動中または内定待機中の方の在留期間の更新について
① 就職活動を行う期間としての「特定活動」を許可されている方については、通常は卒業後1年を超えない範囲での活動が認められています。
新型コロナウイルス感染症の影響により、引き続き本邦において就職活動を行う場合は、当該期間を超えて在留期間の更新を受けることが可能です。
② 内定者が就職するまでの期間としての「特定活動」を許可されている方は、通常は就職までの期間が、内定後1年以内であってかつ卒業後1年6月を超えない範囲での活動が認められています。
新型コロナウイルス感染症の影響により採用予定時期が変更となるなどして、引き続き本邦に在留する場合は、当該期間を超えて在留期間の更新を受けることが可能です。
http://www.moj.go.jp/content/001318289.pdf

4.新型コロナウイルス感染症の感染拡大等を受けた留学生への対応について
教育を受ける活動を行わない場合(引続き教育を受ける場合や、就職や就職活動を行う場合を除く)、帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難であると認められる場合は、在留資格「短期滞在(90日)」に係る在留資格変更許可を受け、引続き本邦内に在留することが可能(就労不可)
帰国できない事情が継続している場合には,在留期間更新許可を受けることが可能。
http://www.moj.go.jp/content/001318472.pdf


3/10水産ビジネス研究会、山口太朗さん(株式会社Salt 代表取締役)による「オンラインのコミュニティとマッチングで漁業の課題を解決する ~「漁師コミュニティ」と「漁業エキスポ」~」を開催しました!

3/10水産ビジネス研究会、山口太朗さん(株式会社Salt 代表取締役)による「オンラインのコミュニティとマッチングで漁業の課題を解決する ~「漁師コミュニティ」と「漁業エキスポ」~」を開催しました。

DSCN4904.JPG

「漁師コミュニティ」は全国の漁業関係者が参加しています。漁師同士の交流が少ない、交流が地域に制限されている、漁師間の情報格差、漁や販売の成功事例の共有がされていないなどの課題があることに気付き立ち上げました。オンラインコミュニティです。オフラインの取組みとして「漁業エキスポ」となります。漁業関連の展示会はシーフードショーぐらいしかありません。これらの人的つながりから、漁業オープンイノベーションプロジェクト(FOIP)も展開しています。これは、漁業×Techのコンサルティングです。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/suisan007.pdf

なお、「漁師コミュニティ」と「漁業エキスポ」は事業譲渡され、現在、株式会社Saltは左記事業を行っていません。

4/4、戦略経営研究会/第133回「地域発のアルコール飲料が日本を変える ~見沼たんぼ発のジンジャービアと大学生発の農学原酒~」を開催しました!

4/4、戦略経営研究会/第133回「地域発のアルコール飲料が日本を変える ~見沼たんぼ発のジンジャービアと大学生発の農学原酒~」を開催しました!
22周年記念でした! 初のZOOM開催でした!

2020040402 (2).jpg

若手スタートアップ応援企画ということで、周東孝一さん(株式会社しょうがのむし 代表取締役)にご発表をいただきました。周東さんは、さいたま市見沼地域の生姜を使ったジンジャービアの商品化、ジンジャービアを核としたツーリズムの事業化などを進めています。ジンジャービアはジンジャーエールの源流とされる発酵飲料です。生姜と糖分があれば、生姜の醪(Ginger Bug)により造ることができます。周東さんのジンジャービアは、さいたま市内の生姜を100%使います。そのためにさいたま市内の生姜農家と契約を結ぶべく、今年は試験栽培(無農薬)を始めました。また、副原料もさいたま市内の果物やハーブを使います。香料などの添加物は一切使わず、無添加で製造し、「本物」の原料にこだわります。

また、玄成秀さん(株式会社Agnavi 代表取締役)から生産者と消費者を直接つなぐプラットフォーム「AGNAVI」のPRもしてただきました。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/133.pdf