売上連動型寄付のメモ


さて・・・。売上連動型寄付のメモです。こういった寄付のわかりやすい一覧があると消費喚起・売上向上の一助になるような気がするのですが。

「企業の義援金 広がる 上場300社超に、売り上げ連動多く」(日経夕刊より引用)

【引用】

ヤマトホールディングスやエイチ・アイ・エスのように商品などの取扱量に応じて義援金の規模が増える仕組みを取り入れる事例が目立つ。
売り上げなど業績への連動を打ち出すことで株主や顧客の支持を得やすくし、息の長い支援につなげる狙いがある。(略)

企業の多くは義援金を社会的責任に基づく行為と位置付けるが、金銭的な負担が生じるのも事実。業績連動とすることで収益などへの
影響を分かりやすくする一方、「消費者が支援に熱心な企業を選ぶ可能性があり、結果的に経営にプラスに働く面もある」
(ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次主任研究員)との見方も出ている。

【引用ここまで】


読売新聞にも同様の記事がありました・・・。

企業義援金800億超す…売り上げ連動型も
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/jishintokeizai/jtk110420_01.htm


山崎秀夫氏(日本ナレッジマネジメント学会専務理事、野村総研上席研究員)のBLOG・・・。

東日本大震災が回したソーシャルメディアの歴史の歯車、日本企業による売り上げ連動型義捐金の開始の意味
http://blogs.itmedia.co.jp/borg7of9/2011/04/post-9fc3.html



企業の売上連動型寄付の事例としては・・・。

ヤマトHD、宅配便1つにつき10円を寄付(~2012年3月末)

プレナス、弁当1つにつき1円を寄付(~2012年3月末)

サントリー、缶製品1本につき1円を寄付(~2012年3月末)

菊正宗

清酒「日本がんばろう」を20日発売すると発表。新商品は、1・8リットルパックで1280円。1パック当たり200円を、日本赤十字社を通じて被災地に送る。
全国のスーパーやコンビニなどで販売。半年間で20万本を見込んでおり、「1年は販売を継続し、その後は状況を見て延長を検討する」としている。
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0003935476.shtml

大地を守る会

「食べて復興支援プロジェクト」。売上げの3%を「大地を守る震災復興支援基金」へ充当
http://www.daichi.or.jp/info/news/2011/0323_2686.html#a

オイシックス

商品(農産物)ごとに、寄付金額が決まっている。例;塩たまねぎ1個につき50円
http://www.oisix.com/shop.g6--tokushuu--toku_110318eatandsend__html.htm

輸入切り花専用商社/クラシック

ムーンダスト(青いカーネーション)、母の日納品(4月27日から5月6日)の販売額の一部を日本赤十字社を通じて寄付
http://www.classicjapan.co.jp/

原信ナルスHD 

原信ナルスオリジナル商品の販売1個に付き、1円を原信ナルスホールディングスが義援金として寄付します。 
対象商品は、原信ナルスのロゴマークがパッケージに印刷されているプライベートブランド商品 全261品目です。
平成23年6月30日まで
http://www.harashin.co.jp/topic/110406magokoro/110406magokoro.htm


売上連動型寄付に関する商品を「ソーシャルプロダクツ」としてまとめているサイトあります・・・。

ソーシャルプロダクツ「スース」
http://sooooos.com/
http://sooooos.com/static/aboutsp


WWFは、売上連動型寄付を支援する仕組みを立ち上げていました・・・。

社会貢献型商品として、商品の販売個数や応募件数に連動してご寄付をお寄せ頂く支援方法です。
http://www.wwf.or.jp/corp/fin/sls.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック