平成27年2月27日から株式会社の設立登記・役員の就任登記を申請するときは本人確認証明を添付!

平成27年2月27日から設立登記及び役員(取締役、監査役等)の就任(再任を除く)登記を申請するときは本人確認証明書の添付が必要になりました!

これ、かなり登記実務に影響ありそうです。

いままでは代表取締役については印鑑証明書の添付が必要という取扱いですが、それ以外の役員(監査役も含む)についても、設立登記、及び役員の新任登記の申請時に本人確認証明書の添付が必要になりました。

本人確認証明書は「住民票」や「運転免許証のコピー」(両面必要)などです。運転免許証のコピーについては本人による原本証明も必要になります。

本人確認証明書により役員の氏名だけでなく、住所も照合しますので、就任承諾書などに住所の記載も必要になります。株主総会議事録の記載で就任承諾の旨の援用を行う場合も、住所の記載が必要ということになります。

また、代表取締役が辞任する場合、辞任届へ代表取締役の個人実印の押印と印鑑証明書の添付、または、法人実印(登録印)の押印が必要になります。

上記については、株式会社だけでなく、一般社団法人などでも同様の改正が行われたとのことです。

詳しくは法務省のサイトから。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00085.html

なお、上記に関連して、「会社の代表者のうち少なくとも1名は日本に居住することを求める」という要件が3月中にも見直されるという日本経済新聞の記事がありました(3/3朝刊の一面)。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H30_S5A300C1MM8000/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック