5/2、山梨県小菅村でグルメめぐり! 「薬膳天ぷら」「石窯ピザ」「ちゃーちゃんまんじゅう」

5/2、山梨県小菅村でグルメめぐり。

画像


小菅村へは、JR奥多摩駅から西東京バスに乗換えて1時間ほどです。

画像


まずは、小菅の湯に浸かった後に「お食事処」へ。多摩川の源流水を使った小菅村のクラフト「源流ホワイト」をぷは~。フルーティでフレーバーです。「薬膳天ぷら」をいただきました。よもぎ、ねぎぼうず、ゆきのした、つりがねにんじん、いたどりです。揚げたてあっさりで美味でした。このほか、ゆずこんにゃくもいただきました。こんにゃくにゆずが入っていて、デザート感があります。

画像


ついで、「源流レストラン」へ。石窯「マルゲリータ」をいただきました。焼き立てで、生地がもちもちしており。美味でした。

帰りのバスで、物産館で購入した「ちゃーちゃんまんじゅう」(皮の厚いあんまんみたいな感じ)をおやつにしました(笑

ご案内!7/10医療リテラシー研「医療×クリエイティブ スマホゲーム「うんコレ」で医療情報を身近に」

もう夏ですね!

さて・・・。7/10、医療リテラシー研究会「医療×デジタルクリエイティブ ~スマホゲーム「うんコレ」で医療情報を身近に、面白く、わかりやすく~」のご案内です!

今回は、大腸がん早期発見啓蒙のためのスマホゲーム「うんコレ」を開発し、「目の前の病気だけにこだわらず、その人の人生全体が豊かになる治療方針を提案」している、医師で、日本うんこ学会会長の、石井洋介さんにご発表をいただきます。
「うんコレ」のサイト→ https://unkore.jp/

内容はクリエイターが集結した「うんコレ」の開発とともに、医療情報の非対称性、また、リテラシーと行動変容についてです。

なお、石井さんは「19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと」の著者でもあります。
https://www.amazon.co.jp/dp/456984166X/

ご発表の後、質疑応答のお時間もございます。
ご参加申込みをお待ちしております。


20190710医療リテラシー研究会
タイトル 医療×デジタルクリエイティブ ~スマホゲーム「うんコレ」で医療情報を身近に、面白く、わかりやすく~
発表者 石井洋介さん(医師、日本うんこ学会会長)
日時 2019年7月10日(水曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:50終了
会場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」
会費 2000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「7/10医療研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

4/28、深川めぐり! 「PITMANS」「フジマル醸造所」「みの家」

4/28、深川めぐり!

画像


清洲橋近くの「PIMANS」さん。こちらでクラフトビールの醸造を行っています。清澄アンバーをいただきました。フルーティ+苦みという感じです。炭酸ガスを注入していないので、泡がやわらかいです。美味です。

画像


三好の「フジマル醸造所」さん。こちらでワインの醸造を行っています。シャンパンは、ピノノワールとシャルドネ。美味です。赤ワインは、ブリュットルV。塩山のメルロー+MBAです。樽生なので、発泡がビールみたいです。鮮度高いです。

画像


森下に移動しまして、「みの家」さん。昭和な雰囲気の座敷がたまわらないですね。馬刺しの後、馬鍋をいただきました。底の浅い鍋なので、すぐに煮えます。砂糖がきいています。甘うまです。

ご案内!6/25、農業ビジネス研「OFFICE DE YASAI(オフィスの冷蔵庫に野菜を届ける)」

さて・・・。6/25、農業ビジネス研究会「オフィスで野菜! ~農家の新たなチャネルから会社のウェルネス・健康経営まで~」のご案内です!

画像


「OFFICE DE YASAI」(オフィスの常設冷蔵庫に野菜を届けるサービス)を提供している、株式会社KOMPEITOの代表取締役、川岸亮造さんにご発表をいただきます。
OFFICE DE YASAI は生産者さんとユーザー企業の社員さんの豊かさの実現を目指しています。
野菜は基本的に産地直送です。安定した価格で取引しているので、生産者さんに安心感の提供もしています。
また、ユーザーに対しては健康経営のツールとしての事業展開をしています。社員さんの野菜不足を解消するだけでなく、コミュニケーションツールとしても活用できます。
サイト→ https://www.officedeyasai.jp/

ご発表の後に、質疑応答、意見交換のお時間もございます。
ご参加申込みをお待ちしております!

なお、今回の開催は、マイナビ農業さんにご協力をいただいています。


20190625農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会
テーマ オフィスで野菜! ~農家の新たなチャネルから会社のウェルネス・健康経営まで~
発表者 川岸亮造さん(OFFICE DE YASAI 代表)
日時 2019年6月25日(火曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:50終了
会場 マイナビ人形町オフィス「ノウラボセミナールーム」
会費 2000円
開催協力 マイナビ農業

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「6/25農業研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

4月7日、国際ロータリー第2580地区、地区青少年奉仕包括成果発表会/第7回を開催しました!

4月7日、国際ロータリー第2580地区、地区青少年奉仕包括成果発表会/第7回を開催しました!

画像


当日は122名が出席しました(ロータリアン57名、青少年62名、米山奨学生3名)。この発表会はインターアクト、ローターアクト、青少年交換など青少年奉仕部門の「クロスプロモーション」(セクター間の交流促進と共同活動のきっかけ作り)を目的として、地区内のインターアクター、ローターアクター、青少年交換プログラムの来日学生・派遣予定学生・ROTEX、RYLArianが一堂に会し、各セクターから活動の報告を行い、共有します。また、中学生職場体験・高校生就業体験の受入れ事業所やゲストとしてお招きした米山奨学生からの報告なども行われました。

報告後は、青少年奉仕部門の各セクターが混合でグループを組み、意見交換を行いました。このグループにロータリアンも加わりますがオブザーバーです。国際色豊かであるとともに、年齢の幅もあります。意見交換会のテーマは「ロータリー活動を行うことで、未来の自分へ何を届けたいか?」、「夢を語り合おう」でした。

以下のとおり、各班からの発表がありました。発表者は主にインターアクター、派遣予定学生でした。
「夢として、ホテル経営が挙がりました。人を笑顔にさせたいからです。自分が楽しいことだから夢をかなえたいと思います。楽しくないことの夢は見ません。楽しいことの夢があるから、がんばれます。インターアクト活動は楽しいことを見付けることにつながります。自分の楽しいことを見付けて、がむしゃらにがんばりたいです」
「夢として、自衛隊、看護師などが挙がりました。いずれも人を助ける仕事です。ロータリアンから、「ロータリーは人と人との関わりが多い。だからこそ、気付きがあるし、刺激がある」という言葉をいただきました。青少年交換プログラムに関われなければ、ロータリーを知ることはありませんでした。学生でありながら、大人の社会であったり、学生では経験できないことを経験できます。未来の自分のためになると実感しています。人と人の関わりを大切にして、成長していきたいです」

4/6、戦略経営研究会「医療×VR技術と農業×シェアリング」を開催しました!

4/6、戦略経営研究会/21周年記念/第127回を開催しました! 福井健人さん(有限会社魔法アプリ 代表取締役)、井出飛悠人さん(株式会社シェアグリ 代表取締役)による「20代ベンチャーが見る20年後の日本! ~医療×VR技術と農業×シェアリングエコノミー~」でした。

画像


福井健人さんは、VR技術(3DCG)を用いた不安障害治療装置の開発を行っています(暴露療法)。

画像


井出飛悠人さんは、農業×シェアリングエコノミーを目指しています。衛星データを活用した農業機械のシェアの前に、超短期(1~2日間)の農作業(単純作業)のマッチングを行っています。

発表者はそれぞれ24歳と22歳。戦略研を立ち上げたころに生まれた人たちが社会課題解決のためのビジネスを起業しているのは感慨深いです。それぞれに先端技術など強みがありつつ、課題も抱えています。課題は見えているので、乗り越えるサポートをしていきたいです。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/127.pdf