7/6-7、仙台にてグルメめぐり! 仙台のグルメは「牛タン」をはずすところから(笑 「炉だん」「斎藤惣菜店 ころっけや」「もろやファームキッチン」

7/6-7、仙台にてグルメめぐり! 仙台のグルメは「牛タン」をはずすところから(笑 

DSCN3481.JPG

国分町の「炉だん」さん。最近、お気に入りです。仙台に行くごとに寄っています。いつものカウンター席で、板長さんと、焼き方、煮方の若い衆のお料理の動きを眺めつつです。「とうもろこし冷製茶碗蒸し」をいただきました。涼し気で良いですね。具だくさんで、とても美味でした。ツレも大喜びでした。このほか、仙台茶豆、ホヤのから揚げ、野田鴨(角田町)とナスのはさみ揚げなど。

DSCN3430.JPG

仙台朝市の「斎藤惣菜店 ころっけや」さんの「コロッケ」。あつあつ、さくさく、あまあまです。美味でした。仙台朝市、にぎわっていますね~。外国人も多いです。

DSCN3440.JPG

若林区荒井東の「もろやファームキッチン」さん。東西線の荒井駅からすぐのところにあります。こちらは荒井地区の農家レストランです。畑からレストランに採れたて野菜を直接ですね。「玉手箱」をいただきました。しそ巻き揚げ、インゲン揚げ、ナス田楽、小芋煮など。味付けは甘めです。ひっつみ汁、ほっとするような出汁がきいていて温かく美味でした(笑

1人株主、1人取締役でカンタンに株式会社を作る方法

1人株主、1人取締役でカンタンに株式会社を作るためには、
①商号(社名)・目的(事業内容)・本店(所在地)・資本金の額(1円から)・決算期などを決めて、
②定款を作成し、公証役場で認証、
③資本金を株主個人の口座に入金または振込して、通帳のコピーをとり、
④株式会社登記申請書、取締役の就任承諾書や資本金の払込み証明書などを作成、押印、
⑤法務局に株式会社設立登記申請を行います。

上記①から⑤について「あるある」の注意点を下記します。

①商号については同一住所に同一商号はないかを確認します。該当することはなかなかないですが、同一市区町村に同一の商号があるのは「ちょっと・・・」と思うかもしれません。そういうときは、次の国税庁のサイトで検索をすることができます。

国税庁法人番号公表サイト
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

なお、商号が決まりましたら、ハンコ屋に「法人実印」の作成を依頼します。ネットで検索しますと、送料込みで3,000円ぐらいで作成してくれるハンコ屋もあります。

目的とは事業内容のことです。会社設立時に行う事業内容だけとシンプルにすることもできますし、「もしかすると先々、こういう事業も行うかも?」という場合、想定される事業を入れておくこともできます。

②①の内容が決まったら、定款を作成します。株式会社の憲法にあたります。これがないと株式会社を作ることができません。定款の記載例は次の日本公証人連合会のサイトにあります。今回の場合ですと、「中小会社1 小規模会社Ⅰ(株式非公開、取締役1名、監査役非設置、会計参与非設置)」が該当します。

日本公証人連合会/定款等記載例
http://www.koshonin.gr.jp/format

定款を作成したら、印鑑証明書や運転免許証を持って、公証役場に行きます。公証役場では定款の認証を行います。これにより、定款は法律上有効になります。この認証の前に、公証役場に定款案の事前確認をしてもらいます。最近、この作業にひと手間加わりました。「実質的支配者の申告」です。今回の場合ですと、会社設立時の株主(発起人といいます)について、暴力団員やテロリストなどでないことを申告し、公証役場で定款認証前に確認してもらうことになります。

なお、公証役場に行かなくても、テレビ電話方式により定款認証をすることができるようになりました。ただし、電子署名がないとできません。たとえば、マイナンバーカードがあれば電子署名ができますが、カードリーダーやPDFに電子署名を行うアプリケーションが必要です。

③①にて決めて、定款に金額を記載した資本金を株主個人の口座に入金または振り込みます。なんだか違和感ありますが、法務局からの指示です。残高が資本金を超えているので、入金または振込みは行わないというのはNGです。この口座の通帳の①表紙、②2ページ目口座情報部分、③資本金の入金または振込み記載部分のコピーをとります。

この入金または振込みはネット銀行でも大丈夫です。この場合、銀行名、支店名、口座番号、口座名義、資本金の入金または振込みの記載部分をプリントアウトします。

④株式会社登記申請書、取締役の就任承諾書や資本金の払込み証明書などを作成します。それぞれ様式は、次の法務局/商業・法人登記の申請書様式のサイトにあります。今回の場合ですと、「1-3 株式会社設立登記申請書(取締役会を設置しない会社の発起設立)」が該当します。

法務局/商業・法人登記の申請書様式
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/COMMERCE_11-1.html#anchor1-1

⑤④の書類を作成し押印しましたら、それらの書類を持って、本店の所在地を管轄する法務局に株式会社設立登記申請を行います。原則として、登記申請の受付日の翌日から起算して、法務局の3執務日目までに完了します。完了しますと、株式会社の登記事項証明書や印鑑証明書などが発行されます。

なお、株式会社の登記事項証明書などを持って、銀行に行くと、会社の口座を開設することができます。とはいえ最近、銀行によっては口座開設についてNGとするところも少なくありません。事前の確認が大切です。

さて・・・。上記の費用ですが、公証役場に支払う定款認証の費用が約92,000円(収入印紙代40,000円を含みます)、法務局に支払う株式会社設立登記申請の登録免許税が150,000円です。それぞれ手続きの際に支払う必要があります。

ちなみに、収入印紙代40,000円がかからない場合もあります。電子署名を持っており、定款を電子化できればです(PDF化して電子署名をする)。とはいえ、電子署名を行うにはコストかかりますね。こういう場合、司法書士は電子署名を持っていて、定款の電子化できますので
収入印紙は不要になります。司法書士の報酬は40,000円+10,000円ぐらいというところもあります。司法書士に株式会社設立登記手続きを依頼したほうが、株式会社をさらにラクラク、サクサクつくることができます。

執筆: 行政書士/司法書士 茂木正光
http://www.motoffice.jp/

7/3、目白のフレンチ「ラ・ムジカ」さんにて「気仙沼を食す会/第45回」開催しました! 気仙沼の旬のウニのフルコース!

7/3、目白のフレンチ「ラ・ムジカ」さんにて「気仙沼を食す会/第45回」開催しました!

DSCN3385.JPG

士業のみなさんにお集まりいただきました。当日のメニューは、気仙沼の旬のウニのフルコースでした。気仙沼/階上にある藤田商店さんから殻付きのウニとむき身の塩ウニ(ミョウバン不使用)を取り寄せて、梶村シェフにがんばっていただきました。お料理の説明も一品ずつ、梶村シェフに丁寧にしていただきました。

P_20190703_193248.jpg

P_20190703_204026.jpg

前菜は、殻付きウニとカリフラワーのムースリーヌ、生ウニの冷製カッペリーニ。お魚は、石巻産真鱈とウニのグラチネ。お肉は、十和田産桜肉と生ウニのタルタルステーキでした。ウニの濃厚なお味とバリエーションを堪能しました。とても美味でした! 参加者のみなさんも大満足でした!「生きてきて一番美味しいウニでした」とのコメントもいただきました。
また、それぞれの食材にマリアージュするように、ソムリエさんにワインも選んでいただきました。

お食事をしながら、気仙沼の現状をお伝えするとともに(内湾の区画整理や大島への架橋開通など)、8/29、藤田商店さん(ウニ、ワカメ、タコ、アワビの沿岸・養殖漁業と水産加工品の製造・販売をされている)をお呼びする、研究会のPRもしました。

6/11、池袋西口「バー クオーレ」さんにて「気仙沼を食す会/第44 回」開催しました!

6/11、池袋西口「バー クオーレ」さんにて「気仙沼を食す会/第44 回」開催しました!

DSCN3364.jpg

DSCN3358.jpg

複数のロータリークラブの会員にお集まりいただきました。当日のメニューは、大弘水産さんの「まかじきスモーク」のサラダ、「ほやスモーク」のオードブル、「薫香あぶりさば」など、ひまわり食品さんの「さんまのなめろう」をチーズとアボガドで合えたもの、マルトウさんの「笹かまぼこ」、「チーズちくわ」でした。苦手な方も少なくないほやですが、ほやスモークはみなさんから美味しいと好評でした。「笹かまぼこ」、「チーズちくわ」は80 歳の職人さんが手作りされています。こちらも、ぜひ購入したいと大好評でした。また、お店のマスターお手製の「もうかざめのから揚げあんかけ」も提供いただきました。みなさん、もうかざめに興味津々でした。

DSCN3356.jpg

それぞれの食材にマリアージュするように、九品仏の「旭屋酒店」さんにワインも選んでいただきました。6 種類ご用意しましたので、味比べもできます。あっという間に飲み干されました。

お食事をしながら、気仙沼の現状をお伝えするとともに(内湾の区画整理や大島への架橋開通など)、ローターアクター(ロータリクラブの青年部)から、3 月末に実施しました「気仙沼フィールドトリップ」の報告も行われました。東京と沖縄のローターアクターが気仙沼の現状を体感するとともに、気仙沼に移住した20-30 代と交流、また、水産加工会社へヒアリングなどを行いました。ローターアクターは刺激を受けるとともに、ヒント・アイデアを得て次なる企画の策定を進めています。

【好評いちじく企画のご案内!】 8/21農業ビジネス研「愛知冷凍いちじく×東京いちじく ~ワインとのマリアージュ~」

さて・・・。8/21農業ビジネス研「愛知冷凍いちじく×東京いちじく」を開催します!

「いちじくおじさん」こと長崎晋作さんと、「いちじく王子」こと舩木翔平さんのお二人から、愛知と東京のいちじくの魅力についてのざっくばらんなお話しを伺いながら、旬のいちじくとワインをいただきます。
冷凍いちじくは、愛知県のいちじく農家さんの食べ方です。暑い時期に収穫する際のおやつです。また、家庭の冷凍庫で保管ができますので、いちじくの需要を増やし、安定させることができます。
ご参加申込みをお待ちしております!


20190821農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会
テーマ 愛知冷凍いちじく×東京いちじく ~ワインとのマリアージュ~
発表者 長崎晋作さん(愛知県東京事務所行政課 農産物プロモーショングループ 主査)
    舩木翔平さん(八王子農家)
日時 2019年8月21日(水曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:55終了
場所 池袋西口/バー クオーレ(Bar Cuore)
会費 5000円(いちじく、ワインのほか、ビール、軽食付き)

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「8/21農業研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

※フォームの様式上、懇親会は「参加」としてください。

6/1、戦略経営研究会第128回、真鍋貴臣さん(株式会社Draworth 代表取締役)による「三豊で、泊まって、食べて、楽しんで ~地域資源を活かして観光で仕事をつくる~」を開催しました!

6/1、戦略経営研究会第128回、真鍋貴臣さん(株式会社Draworth 代表取締役)による「三豊で、泊まって、食べて、楽しんで ~地域資源を活かして観光で仕事をつくる~」を開催しました!

DSCN3336.JPG

真鍋さんは、香川県三豊市の庄内半島にて瀬戸内海を一望できるゲストハウス「燧」(Hiuchi)や、「荘内半島オリーブ農園」などを経営されています。 また、DMC(観光マネジメント“会社”)であるDraworth の目指したい姿として、誰かが一歩を踏み出せる場所、居心地の良い社交場(オフラインサロン)とします。機能は、①食、ガイド、スペースの運営を通じてのサポート、②場の提供(Arts & Crafts)、③コネクションの提供です。

真鍋さんの「この地で豊かに生きていくにはどうすれば良いかがISSUEです。大きな社会に向けてではなく、半径500メートルにいる人の生活で考えています」という言葉がとても印象に残っています。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/128.pdf

5/25、村上春二さん(株式会社シーフードレガシー)による水産ビジネス研究会「サステナブル・シーフード ~水産業の成長産業化と、豊かな魚食文化や海洋生態系を未来世代に伝承する~」を開催しました!

5/25、村上春二さん(株式会社シーフードレガシー 取締役副社長)による水産ビジネス研究会「サステナブル・シーフード ~水産業の成長産業化と、豊かな魚食文化や海洋生態系を未来世代に伝承する~」を開催しました!

DSCN3195.JPG

シーフードレガシーさんでは、漁業・養殖業改善プロジェクト(FIP・AIP)、現状から少しずつ良くしていき、MSC・ASC認証取得レベルまで向上することをサポートされています。改善のプロセスが大事であり、いつまでに、だれが、何をやるのかを把握しているとのことです。①東京湾スズキ FIP、②那智勝浦ビンチョウマグロはえ縄 FIP、③宮城・女川銀鮭 FIPなどの実施があります。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/suisan004.pdf