就労ビザ/外国人新卒採用/日本の大学を卒業した留学生が一般的なサービス業務や製造業務に就職できるようになりました

【日本の大学を卒業した留学生が一般的なサービス業務や製造業務に就職できるようになりました】

日本の大学または大学院を卒業した外国人留学生の日本企業への就職希望は増加傾向にあります。また、日本企業の人手不足もあり、政府は日本の大学または大学院を卒業した外国人留学生の日本企業の就職を増やす戦略を示しています。

日本の大学または大学院を卒業した外国人留学生が日本企業に就職するためには、在留資格を「留学」から「技術・人文知識・国際業務」(いわゆる就労ビザ)などに変更する必要があります。出入国在留管理局に在留資格変更許可申請手続きを行うことになります。平成29年の左記の許可数は22,419人でした。前年の許可数に比して2,984人(15.4%)増加しました。なお、国籍・地域別の許可数の上位5ヵ国は、(1)中国10,326人、(2)ベトナム4,633人、(3)ネパール2,026人、(4)韓国1,487人、(5)台湾810人で、アジア諸国が全体の95.5%を占めています。

しかしながら、在留資格「技術・人文知識・国際業務」の変更許可を得るためには専門性のある業務に就くことが必要となります。この専門性が認められるためには、大学または大学院での専攻と就職先の業務との関連性が求められます。

そこで、出入国在留管理庁は、本年5月、「留学生の就職支援に係る「特定活動」(本邦大学卒業者)についてのガイドライン」を示しました。これは、日本の大学または大学院を卒業・修了した外国人留学生の就職支援を目的として、日本語を用いた円滑な意思疎通を要する業務を含む幅広い業務に従事することを希望する場合は、在留資格「特定活動」による入国・在留を認めるとするものです。たとえば、飲食店に採用され、店舗において外国人客に対する通訳を兼ねた接客業務を行うのであれば、それに併せて、日本人に対する接客を行うことも認めるということになります(厨房での皿洗いや清掃にのみ従事することは認められません)。

言い換えると、日本の大学または大学院を卒業した外国人留学生が日本企業などにおいて、日本の大学または大学院において修得した広い知識、応用的能力等のほか、留学生としての経験を通じて得た高い日本語能力を活用することを要件として、幅広い業務に従事する活動を認めるということです。「技術・人文知識・国際業務」の在留資格においては、一般的なサービス業務や製造業務などが主たる活動となるものは認められませんが、本制度においてはこれらの活動も可能となります。

対象者としては、日本の大学を卒業または大学院の課程を修了し、学位を授与され、かつ、高い日本語能力を有する者が対象となります。①日本の4年制大学の卒業及び大学院の修了に限られます。短期大学及び専修学校の卒業並びに外国の大学の卒業及び大学院の修了は対象になりません。合わせて、②日本語能力試験N1またはBJTビジネス日本語能力テストで480点以上を有する者が対象です(なお、大学または大学院において「日本語」を専攻して大学を卒業した方については、②の要件を満たすものとして取り扱います)。単に雇用主等からの作業指示を理解し、自らの作業を行うだけの受動的な業務では足りず、「翻訳・通訳」の要素のある業務や、自ら第三者へ働きかける際に必要となる日本語能力が求められ、他者との双方向のコミュニケーションを要する業務である必要があります。また、従事しようとする業務内容に「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の対象となる学術上の素養等を背景とする一定水準以上の業務が含まれていること、または、今後当該業務に従事することが見込まれる必要があります。

ガイドラインが示す具体例として、下記もあります。
・工場のラインにおいて、日本人従業員から受けた作業指示を技能実習生や他の外国人従業員に対し外国語で伝達・指導しつつ、自らもラインに入って業務を行うもの(ラインで指示された作業にのみ従事することは認められません)。
・小売店において、仕入れや商品企画等と併せ、通訳を兼ねた外国人客に対する接客販売業務を行いつつ、日本人に対する接客販売業務を行うもの(商品の陳列や店舗の清掃にのみ従事することは認められません)。
・ホテルや旅館において、翻訳業務を兼ねた外国語によるホームページの開設、更新作業を行うものや、外国人客への通訳(案内)、他の外国人従業員への指導を兼ねたベルスタッフやドアマンとして接客を行ういつつ、日本人に対する接客を行うもの(客室の清掃にのみ従事することは認められません)。

注意点としては、日本人が従事する場合における報酬と同等額以上の報酬を受けることが許可の要件になっています。

すなわち、いろいろ要件はありますが、日本の生活に慣れ、日本で就職してみたいと考える、日本の大学または大学院を卒業した外国人留学生の日本企業への就職の機会が増えたということができそうです。

※ 日本の大学を卒業した留学生の一般的なサービス業務や製造業務への就職については下記までお問合せいただければと存じます。

執筆: 行政書士/司法書士 茂木正光
http://www.motoffice.jp/

【セミナーご案内!】10/5戦略経営研究会「地域経営のランドスケイプデザイン ~自然と人、人と人との関係性と持続可能性~」

さて・・・。10/5、戦略経営研究会「地域経営のランドスケイプデザイン ~自然と人、人と人との関係性と持続可能性~」のご案内です!

IMG_3914_original.jpg

廣瀬俊介さん(環境デザイナー(風土形成事務所))は、良好な、物質循環の中で人間が心身健やかに生きられる生活環境(風土)のために、地理学、哲学、宗教学における風土研究に学び、民俗学、人類学、社会学、経済学、生態学など人文・社会・自然科学の総合的応用を図りながら、風景を通して風土を読み解く方向を工夫されています。

たとえば、飛騨古川の「朝霧立つ都」や、瀬戸川と白壁土蔵街について、ワークショップを通して住民自身にその特色に気付いてもらい、持続への取組みが自主的に行えるようにしています。
https://www.hida-kankou.jp/s/model/1000000113/

ご発表の後、質疑応答のお時間もございます。
ご参加申込みをお待ちしております。


20191005戦略経営研究会/第130回
テーマ 地域経営のランドスケイプデザイン ~自然と人、人と人との関係性と持続可能性~
発表者 廣瀬俊介さん(環境デザイナー(風土形成事務所)、専門地域調査士(日本地理学会)、東京大学空間情報科学研究センター協力研究員)
日時 2019年10月5日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:50終了
会場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」
会費 2000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「10/5戦略研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

7/6、農ラジの取材にて、仙台市/荒井・荒浜地区の新規就農者、平松希望さんのところに行ってきました!

7/6、農ラジの取材にて、仙台市/荒井・荒浜地区の平松希望さんのところに行ってきました!

DSCN3474.JPG

平松希望さんは新規就農3年目の26歳です。富山県出身です。東北大学の農学部で農業経済を専攻しました。政策よりも農業の現場が大切と考えていました。大学時代、仙台市若林区荒浜地区に拠点を置く大学生ボランティア団体「ReRoots」のメンバーとなり、東日本大震災の津波被災地の復旧、復興、地域おこしを行いました。このつながりで、荒浜地区に隣接する荒井地区の農家で研修し、就農しました。

DSCN3448.JPG

平松さんは荒井・荒浜地区の4ヵ所、62アールで少量多品種の営農をしています。すべて露地です。キャベツ、大根、ネギ、トウモロコシ、ブロッコリー、オクラ、白菜などを栽培しています。荒井・荒浜地区は海に近いです。畑は砂地になっており、肥料が流れやすくなっています。このため、トウモロコシなど肥料を吸う力の強い作物を選んでいます。また、畑に散水施設がありませんので、雨水にて対応できる作物を選んでいます。トウモロコシ畑を見学しました。仙台はお盆ごろが、トウモロコシの需要期となっており、その時期に合わせて出荷できるように調整をしていました。

DSCN3479.JPG

見学に行った時期(7月6日)には、キャベツや大根を出荷されていました。出荷先は、仙台駅前のAOYA(JR系の直売所)、花京院市場(農家直送・市場直送を特色とする食料品店)などです。見学の翌日、AOYAを訪れましたが、「平松さんのとれたてキャベツと大根」として軒先で販売されていました。大根はサラダ用の「夏のきざし大根」と煮物用の「三太郎大根」でした。直売所のほかは、飲食店にも卸しています。旬の野菜を、鮮度良く、さらにこだわりのあるお店に出荷できています。

消費者との距離を縮め、コミュニティを形成することを目指しています。たとえば、お盆のころに、トウモロコシもぎとり体験会を企画していました。農業に触れてもらうとともに、もぎたてトウモロコシの美味しさを知ってもらうことができます(なお、後日、8月12日に実施されました。Facebookなどによる発信もあり、たくさんの参加があり、満足度高かったようです)。また、荒井・荒浜地区にてマルシェも開催しています。こちらも消費者とお話しする機会とするためです。いずれも仙台駅から車で30分ほどの都市近郊であることの強みを活かしています。

レポートの詳細はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/report0011.pdf

7/17、青梅市にあります酒蔵「澤乃井」さんに見学と試飲に行ってきました! 「さわ音」、「凰」、「蔵守」

7/17、青梅市にあります酒蔵「澤乃井」さんに見学と試飲に行ってきました!

DSCN3560.JPG

DSCN3587.JPG

青梅線の沢井駅から降っていくと、貯水タンクや酒蔵が見えてきます。澤乃井さんは清流ガーデン「澤乃井園」も営んでいます。多摩川を眺めながら、お酒をいただくことができます。外国人もけっこう来ています。蔵見学までこちらで待機していました。

DSCN3573.JPG

平日だったので蔵見学は当方含めて2組だけでした。ほぼマンツーマンですね。まずは、元禄蔵から。入り口に神様が祀られていました。たくさんのタンクが置いてありました。ひんやり。酒蔵の裏には、仕込み水の源泉がありました。見学の後、試飲もさせていただきました。純米生酒の「さわ音」の甘味と酸味のバランスが良かったです。

DSCN3583.JPG

さらに、試飲コーナーへ。大吟醸「凰」、「夏の純米酒」、古酒「蔵守」を味比べしました。「凰」は澤乃井さんの最上級だけあって、すっとした飲み口です。美味いです。試飲コーナーでは、近くにある横田基地の米兵(たぶん)がきゃっきゃ言いながらお酒を飲んでいました(笑

DSCN3585.JPG

ちなみに、「澤乃井園」から吊り橋を渡ったところにあるお寺は寒山寺。明治時代の澤乃井さん(小澤家)の当主が建てたそうです。

7/6、奥州市江刺区杉の町の「麺SAMURAI桃太郎」へ。奥州いわいどりの塩ラーメンをいただきました。

7/6、奥州市江刺区杉の町の「麺SAMURAI桃太郎」へ。人気店です。

P_20190707_114746.jpg

奥州いわいどりの塩ラーメンをいただきました。鶏出汁とうま味塩が細麺にからみます。とても美味です。奥州いわいどりは平飼いとのことです。トッピングは低温調理のレアチャーシューです。

ツレは奥州いわい鶏のしょう油でしたが、群馬県みどり市大間々町に工場のある「日本一しょうゆ」を使っています。こちらのお店、こだわったいますね~。

6/25、川岸亮造さん(OFFICE DE YASAI 代表)による農業ビジネス研究会「オフィスで野菜! ~農家の新たなチャネルから会社のウェルネス・健康経営まで~」を開催しました!

6/25、農業ビジネス研究会「オフィスで野菜! ~農家の新たなチャネルから会社のウェルネス・健康経営まで~」を開催しました!

DSCN3384.JPG

川岸亮造さん(OFFICE DE YASAI 代表)にご発表をいただきました。OFFICE DE YASAI は、オフィスでカット野菜が食べられる「置き野菜」サービスです。野菜に興味ない層を「ちょっと美味しいかもね」、「ちょっと買っても良いかもね」に変えることで、野菜の 1 人当たり消費量を増やすことを目指しています。また、従業員にバランスの良い食事に摂ってもらうことにより、従業員に行動変容を起こすことも目指しています。農業とともに、健康経営に貢献するということですね。

DSCN3378.JPG

今回、マイナビ農業さんにご協力をいただき、人形町のステキなスペースで開催することができました。

議事録はこちらから。
http://www.sp-senryaku.org/nogyojyoho042.pdf