東京板橋セントラルロータリークラブにて、8月1日、私立洗足学園高校の生徒を、8月5日、都立新宿高校の生徒就業体験を受け入れました!

東京板橋セントラルロータリークラブにて、8月1日、私立洗足学園高校の生徒を、8月5日、都立新宿高校の生徒就業体験を受け入れました!

当クラブでは、高校生の就業体験(インターンシップ)を10年以上前から毎年度受け入れています。青少年育成・キャリア教育とともに、ロータリーにて培った職業感、人生観などを次世代に引き継いでいく趣旨です。

当方の行政書士司法書士事務所で、それぞれ1年生2名を受け入れました。身近なところで、行政書士・司法書士の仕事を理解してもらうため、区役所、板橋郵便局、税務署、都税事務所、法務局を回りました。法務局で実際に会社の登記事項証明書を取得した後、宅建業免許の申請書作成と添付書面選択という行政書士業務の体験も行いました。生徒から「士業について詳しく知ることができました。行政書士や司法書士の仕事は大切な情報を扱う責任感が必要である」ことを理解したとのコメントをいただきました。

P_20190805_123415.jpg

お客様とのコミュニケーションの仕方(商談)の体験ということで、小野会員の税理士事務所を訪問しました。また、不動産会社を営む長濱会長にも参加いただきました。税理士と不動産会社のお仕事の説明や、なぜなったのか、なって感じる喜びなどを、高校生にわかりやすく説明をしていただきました。生徒から「3人のお話しや体験でお仕事について理解することができました。まず、コミュニケーションがやはり大切になるということがよくわかりました。「挨拶」「目を合わす」「笑顔」を実行することで会話が弾み円滑な会話をされていて、そうすることでお客様を満足させることができる」や「自然なコミュニケーションがとれなければ信頼されないと学びました。名刺の渡し方一つもしっかりできているか見られてると知り、マナーなどの所作で人の印象がすぐ決まるのだとわかりました」というコメントをいただきました。

また、税理士の会員のご紹介により、同じ商店街の医師、印刷会社経営者をご紹介いただき、生徒はこちらのお二人からもお話しを伺うことができました。生徒からは「ランチでたまたま一緒になった医師にお願いしたら、二つ返事だったので、驚きました。信用力があるということですね」、また、「印刷会社にて、経営者同士が共通の話題を見付けてお話しを盛り上げているのを見て、これがコミュニケーションである理解できました」という感想をいただきました。

就業体験を通して、生徒から「自分に合った働き方をされているみなさんを見て働くときはその意味を考えてみようと思います。働く時間と自由時間の区別や、やりがいを見付けることでより良く就業ができると思った」や、「働くことのたいへんさを改めて感じました。士業は資格自体取るのが難しい上、取れても生業として成功できるとは限りません。この貴重な経験を活かして自分の将来をしっかりと考え、より自分に合った選択をしたいです」というコメントをいただきたきました。また、「コミュニケーションの重要さ伺うことができ、大きな刺激を受けました。みなさまが実際にお話しされているところを見て、みなさまがたくさんのお仕事に関わっており、豊富な知識や経験、さまざまな考え方や見方を見っていることを感じ、あこがれを抱きました。この経験により私自身が今後どのような人に成長していきたいか深く考えることができました」というコメントもいただきました。

将来の進学、就職などキャリア形成について考えるきっかけになったようです。